ノッコの今。と、ポップミュージックについてプロの言葉。
シャケとのロック大恋愛は既に遥か。
今はNYで充実した日々。

NOKKO&GO

引用すべきは、やはりここ。

>ゴウ:「ポップ・ミュージックというのは人気投票のようなものです。ベースを踏めば必ず点が入るスポーツとは比べにくいです。どちらかと言えば、大統領選挙のキャンペーンに近いのではないでしょうか」

ノッコ:「曲というのは世に出してしまった時点ですでにアーチストの手を離れます。私がかつて歌った曲でも、聞いた方のその時の年齢や思い出や、更にはその後の経験なども全て混じってようやく思い出の1曲として成り立つのであり、例え私の曲であっても、もうその時点で私の歌ではなくなっているのです」

ゴウ:「その為にやはりファンの共感を得なければなりません。アメリカに多いロック・グループが年を取っても全米ツァーを続けていることが多いのは、まさにそのことの象徴でしょう。同じ時代とそこから現在迄の時間をファンと共に過ごしてこそのポップ・ミュージックだと思います。やはり選挙時の遊説とよく似ていますね」

NOKKO公式サイト http://www.nokko.jp/
[PR]
by POP_ID | 2005-03-08 00:20 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/1016630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 時にはblogのように。 富樫陸氏のインタビュー。 >>