MESSAGE TO MOTO.
RADIO SHOW再開について

moto,お帰りなさい。 21世紀ももう10年が過ぎてしまいました。
(CHOTTO SABA WO YONDAKANA? )
motoの新しいラジオショーに期待することは、
21世紀の音楽がどうmotoの耳に聴こえているのか?です。
だから過去への振り返りよりも、「今」と「これから」の音楽のあり方について、
より多くの時間を裂いてください。
motoの大学での講義に参加できない全国のリスナーのために落第生の僕からのリクエストです。

(追伸)
音楽は今もなお、降り続く強い雨に打たれたままです。
-Music remains being still stricken to the continuing heavy rain.-
[PR]
by POP_ID | 2009-03-23 22:31 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11167603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 学級崩壊/相対性理論(ハイファ... ZELDA / 悲しくて >>