無題
清志郎のニュースが流れた1秒後に、
俺は心のシャッターを降ろした。
サーモスタットっていうのかな?

過電流をシャットアウトして、魂の崩落と目から落ちる濁流を食い止めた。

ひとりなら、そのまま過ごせただろう。
翌朝もきっと守りきれたはずだ。
だけど妻に一言、
「新聞買ってくる。」としゃべった途端に、堰が切れてしまった。

自分が今から出かけて行ってすることの意味が、
口にしたことで、生々しい現実として怪物化してしまった。

3分間泣いた。
[PR]
by POP_ID | 2009-05-03 15:59 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11456940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 泉谷しげる「ふざけんなこのヤロ... 藤原勝之「忌野清志郎」 >>