鳥井賀句「清志郎、早すぎるぜ!!(号泣!) 」
http://www1.parkcity.ne.jp/d-lion/index2.html

>5月2日(土)
ガンと闘っていた忌野清志郎が、58歳でこの世を去った。一時は、回復して武道館でも復活したのに、本当にショックだし残念だ。
清志郎のステージはまだRCサクセションが、フォーク・バンドの頃の70年代初期から見ている。清志郎とはRCがロックになってから80年代に何度かインタヴューしたことがある。彼と親しくなったのは、ジョニー・サンダースが最期の来日をした91年で、清志郎が丁度来日していたジョニーに声をかけ、丁度RCがレコーディングしていた『COVERS』のアルバムのレコーディングにジョニーを誘った時だ。ジョニーの私設マネジャーをしていたボクはその前に原宿クロコダイルの山口冨士夫のライヴにジョニーと清志郎を連れて行き、3人のセッションが実現した。
その後深夜に東芝のレコーディング・スタジオにジョニーを連れて行き、ジョニーは2曲をRCと録音した。そして4月にジョニーが死ぬと、その追悼ライヴに清志郎は真っ先に参加を申し込んでくれ、ボクが編集したジョニーの追悼写真集にも、暖かい文章を寄せてくれた。翌歳の正月には子供が生まれた清志郎から年賀状が届いたのは、ボクのひそかな自慢の一つだった。
R&Bに根ざした類まれなる歌唱力とグレイトなライヴ・パフォーマンスも素晴らしかったが、彼はどこまでも反骨精神の持ち主で、反原発や反権力の歌詞をブラックな笑いと共に歌い続けた本物のパンクだったと思う。
7月25日(土)に渋谷「青い部屋」で彼の追悼LIVEをやることにする。経費を引いた利益は、全て彼の家族に送る予定だ。清志郎のご冥福を心より、お祈りする。
[PR]
by POP_ID | 2009-05-03 19:19 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11457894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鮎川誠さんは5月2日生まれ。 今年も「どんとこい祭」です。 >>