間寛平/清志郎さんの訃報を聞いて
>昨日、アメリカのカンザス州に入ったところで、嫁からの電話で清志郎さんの訃報を聞きました。

その後、一日走りながらも涙が止まりませんでした。清志郎さんは、僕みたいなお笑いの人間にも友達のように本当によくしてくれた素晴しい方でした。

この地球1周の挑戦が無事に成功した時に、本当に恩返しをしたかった方の一人でした。

清志郎さんには本当にお世話になりました。

もう、直接恩返しができなくなってしまったことは非常に残念ですが、今は頑張って走り続け、この挑戦を成功させることが、清志郎さんへの恩返しになると思っています。

明日も清志郎さんに頂いた応援歌を聴きながら走ります。

本当に清志郎さんにはお世話になりました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。


アメリカカンザス州より

間寛平

http://www.earth-marathon.com/2009/05/03/123004.html
c0016991_135213.jpg




二日間の経緯を報告させていただきます。
昨晩、日本時間の2日夜に忌野清志郎さんの訃報が入り
奥様の光代さんが寛平さんに一刻も早く伝えようとしました。
しかし寛平さんは138日目のランがスタートしていて、州境と言う事もあり通信環境が著しく悪いところにいました。
カンザス州に入ったところでようやく電話が通じ、光代さんから寛平さんにこの事を伝える事が出来ました。
寛平さんが大変なショックを受けた事は寛平さん自身のコメントを読んでいただいた通りです。
この悲報に接し寛平さんがコメントを出せるまで、このブログの更新を停止させていただいきました事をご了承ください。
あと数時間でアースマラソン139日目のランが始まります。
ここで138日目のスタートからブログの再開をさせていただきます。

改めて
寛平さん共々、深く深く忌野清志郎さんのご冥福をお祈りいたします。
そして
きっとずっと寛平さんと一緒に地球を走って行っていただいていると思っています。

「アースマラソン製作委員会」一同

***************************

138日目、ゴールしました。

移動距離 30.0km
所要時間 5時間9分
総移動距離 15430.0km

>突然の訃報に、寛平さんをはじめ、スタッフ一同大変驚いております。
今は、どんな言葉で何を伝えればいいのか分かりません。

忌野清志郎さんは寛平さんの本当に大切な友人であり、
そしてみなさんと同じように寛平さんを東へ前へ進ませてくれる強力なサポーターでした。
清志郎さんの大好きなアメリカをこれからも走り続けます。
まだまだ長い道のりですが、
寛平さんの応援、これからもよろしくお願い致します。

忌野清志郎さんのご冥福を謹んで心よりお祈り申し上げます。

スタッフ一同

*********************************
(訃報から明けて5月4日の日記から転載)

>牧草地帯を走っていると、突如戦車が現れました。
近づいてみると、戦車の横には、独立戦争から始まる、
過去のアメリカの戦争で亡くなった方達の慰霊碑があり、
そこには、カンザス州キアーニ地方の方達の名前が刻まれていました。

寛平さん「寿命や病気で亡くなるのは天命だからしゃーない。
      しかし戦争はあかん、人が人の命を奪うなんて絶対にあったらあかんねん」

寛平さん「アースマラソン、ホンマに色々あるわ…」

この3日間、本当に色々な経験をし、色々な事を考えさせられました。
[PR]
by POP_ID | 2009-05-04 13:08 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11462854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 忌野清志郎さん「天野主税写真館... 曽我部恵一/ぼくの好きなおじさ... >>