いかれたBABY(FISHMANS)/孤独な詩人(BO GUMBOS)<清志郎シング>


佐藤くん、どんとさん。
どちらも清志郎側の人間でした。
清志郎の歌うそれはあまりにハマリすぎてて、
天国の二人も頭をかいてたことでしょう。
そして彼らの待つところへ、新人のお父さんが旅立ち、
地上に残された寂しがりの僕らは、
ただ
ただ
ただ
大粒の涙を溢れるがままにして、
残された歌たちを歌い継ぎます。

こんなはずじゃなかった、
こんなはずじゃなかったって、
神様の不在を嘆きながら。

それでもまだ
それでもまだ
未来をあきらめきれない僕らは、
歌に愛を託して
歌に平和を託して
明日からも
明日からも
生きていくんだ
崖っぷちに立ちながら
昇る朝陽を待ちながら
[PR]
by POP_ID | 2009-05-05 00:37 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11467416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< (2008年7月14日)徹子の部屋 小川銀次/30年位前の...と... >>