Dub Master X/巨星堕つ
>その昔、ヤン(富田)さんがいとう(せいこう)君の曲をプロデュースしたときにブルースハープをレコーディングしにスタジオに来られた事があった。もの凄く物腰の柔らかい方でテレビで見る姿とのギャップに驚いた記憶が残ってる。TAKE ONEの地下にあるスタジオ。その時にお会いしたのが最初で最後。俺が23~4の頃だったかなぁ。お会いしたというのも烏滸がましい。同じ空間にいただけなんだが。ヤンさんが話をしているのを横で聞いていてドキドキしてた感覚。ブルースハープを吹いたあの瞬間は今でもハッキリ覚えてる。鳥肌立った。
あの頃から俺にとっては既に雲の上の存在の人だったから、今本当に雲の上に行ってしまっても驚いてはいるのだがあの時と同じ感覚のままなんだなぁ。雲の上のまま。
メジャーで活動しながらも、世の風潮や大人の事情に流されることなく自分の意志を貫いて戦う姿勢はミュージシャンの鏡だと思うし好き嫌いなどを超越した「尊敬出来る表現者」だったなぁと思ってる。

政治色の強い楽曲も勿論好きなんだが、ベタに「雨上がりの夜空に」が大好きだったなぁ。

http://dubmasterx.seesaa.net/article/118489151.html
[PR]
by POP_ID | 2009-05-05 13:36 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11470047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 広瀬"HEESEY&... 小林雅之<J(S)W>/題名なし >>