そして歌は続く(RCサクセションが聴こえる)
THE DAYから数日が過ぎた。

ミュージシャンは歌い続けている。
聴こえてくる、生々しい手触りのナンバー。
鎮魂歌が日本中で。
こんな知らせが入ってきました。

(シオン、「スローバラード」を歌う)
http://www.i-kiyoshiro.com/cgi-local/DB_2/recent_2.php?recent=2030
>「新宿の片隅から」のエンディング。奇跡が起こった。
バンドがジャラーンと音を鳴らしているそのなか、SIONが歌いだしたのだ。
  昨日はクルマの中で寝た
  あの娘と手をつないで

>「スローバラード」だった。間違いようもない「スローバラード」だった。
SIONは、あの掠れ声でシャウトしてくれた。
あぁ、本当に今日、ここでSIONのステージを観ることができて良かった。
SIONが他人の歌を歌うなんて、そうそうない。
ていうか、この前の川村カオリとの共演のとき以外に観たことがない。
私には奇跡だった。涙。
そして、私のなかで、何かが変わった、そんな気がした。
[PR]
by POP_ID | 2009-05-05 14:32 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11470335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第2回 JAZZ ART せん... 広瀬"HEESEY&... >>