「わが国の音楽文化の発展を阻害しているJASRACと戦っているお店です」
【トレビアン】JASRACが利用許諾を不当拒否でジャズライブ中止!? 調査方法にも問題か

デサフィナード

>デサフィナードは、地域の音楽文化発展を阻害するJASRACの横暴なやり方に抗議し、JASRACの音楽著作権独占による弊害の是非を求め、JASRACの管理楽曲は演奏しないという形の抵抗運動を続けています。
JASRACは、音楽の著作権者権利を擁護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、もって音楽文化の普及発展に資することを目的として設立された文化庁の外部団体であるにも関わらず、音楽著作権管理業務を独占し、それを盾に著作権法38条に違反し営利を目的としない演奏活動に対してまで法外な料金の支払いを強要し、わが国の音楽文化発展を阻害しています。
デサフィナードでは、このJASRACの公益に反する営業方法の是非を求め、全国の音楽愛好家と連携し、JASRACの音楽著作権管理業務の独占禁止を求める運動を展開しています。
この戦いのため、デサフィナード店では当面JASRACの管理楽曲は演奏しないという抵抗運動を展開しています。皆様のご理解とご支援をお願いします。

裁判内容をちらっと読んでみた。んで感想。

じゃさ、the day以降、忌野清志郎が作った歌をかなりの数のミュージシャンが歌ってるわけ
だが、ジャスラックとやらは、それらを全部把握してて、料金徴収してるのかな?
俺はしてないと思うな。
つか物理的に全てを把握することなんて不可能だ。
で、表立ってジャスラックに歯向かっているこの店は、ブラックリスト野郎ということで、
死んでも演奏はさせねぇぞコラ!っつうのは、フェアなやりかたじゃないと思うんだ。
だからこの団体は多くの人から反感を買ってるし、それももっともなことって思う。

ミュージシャンにとってジャスラックは不可欠なシステム(eliを除く)だろうが、
ずいぶん強欲で恣意的な団体だな。
[PR]
by POP_ID | 2009-05-16 00:22 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11546524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< MOLICEが買える!(Go ... 君が気高い孤独なら。 >>