336Mのダム、180,600,001千㎥の水。
魂のある音楽が減り続けているのが
ない音楽より売れないからだとしたらむなしい

ただ才能のある人が減ったんだろうと解釈したい

********************************

自らの悲しみより先に
残された家族の悲しみを思うのも
彼から教わった大切なことのような気がする

********************************

真っ赤なスーツ着て
満面の笑みで歌う
そんな60歳の彼が観たかった
本当に観たかったよう。。。。。。。。

********************************

堰き止めた悲しみのダムがまた
1M上に積み上がる
夜は苦手さ
こんなんじゃ
[PR]
by POP_ID | 2009-05-27 01:37 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11624142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「DOWNTOWN DIARY」から 「日々の糧と回心の契機」より。 >>