ロッキンオンを読みながら。(巻頭写真だけ編)
だめだ。巻頭写真だけで記憶が溢れ出す。

留めたい。
人は哀しみを時間で癒す弱点があるから。

そうだ、俺も清志郎に水鉄砲を投げて、
打ってもらったことがあるんだ。
暑い夏の日のGOGOに。

清志郎の投げたピックはもちろん、
投げかえした紙テープの破片さえ、
宝物にしたんだ。

うらやましいだろ?

二度とできないんだぜ!

(まだ序文と写真まで)
[PR]
by POP_ID | 2009-06-06 23:12 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11697142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沈む月あらば、昇る陽もあり。 旅先で >>