沈む月あらば、昇る陽もあり。
『STUDIO VOICE』に
『本人Vol.10』

いずれの雑誌に共通するは
相対性理論と忌野清志郎。

畑が違うかおんなじか
まぁ分析は置いといて。

歴史を止めるわけにはいかない
いや止まらないから。

僕はこれからも
気になった歌を聴き続けるだけさ。

生まれた年などお構いなしに。
[PR]
by POP_ID | 2009-06-07 01:09 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11697977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新作アルバムのタイトルは「⊿」 ロッキンオンを読みながら。(巻... >>