日本語の豊かさについて。
フランス語程ではないにせよ、日本語にも男言葉・女言葉がある。
女性の歌う女言葉のポップスには独自の柔らかさや、温かさがある。
他にも「わび・さび・いき」といった美学や、形容詞の豊富さなどなど、
日本の文化って豊かだなとつくづく思う。
それに比べて英語って同情するほど貧相な言葉だと思う。
俺は日本語を誇りに思う。だから素晴らしき日本語で歌われる、
日本のポップスを最高だと思える。それは勝ち負けの話じゃないんだ。
日本人が全員、とある英語の歌(例えば”イマジン”でも)を、
一番素晴らしい歌だと言ってしまったら、なんて悲しいことだろうか。
だから鎖国と言われようが、島国音頭と呼ばれようが、そんなことどうだっていいんだ。
「コーラン」のこだわりって凄い。
日本にそこまでのプライドはないけど、「百人一首」にしろ「枕草子」にしろ、
英語じゃ台無しだ。これは外人たちに日本語を勉強してもらうしかない。
僕らが洋楽を聴くようにね。
******************************************************
ranking VOTE <相撲や浮世絵はいいよな。言葉がないから。>
[PR]
by POP_ID | 2005-03-20 03:50 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/1187230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ながぶちさんの桜島記念碑建立募金。 外貨を稼げ!(文化を輸出せよ!) >>