佐野元春の「ザ・ソングライターズ」VOL.1小田和正
一回目のゲストは小田和正。
自分はオフコースのベスト盤を持っている程度のファンです。
美メロ&泣け詞なので、カラオケで愛唱してる歌もありました。
(時に愛は、愛を止めないで、眠れない夜、YES-NOあたりは。)

講義内容は表現者にとって本質的な部分であり、
はっきりいって、そうたやすく話せる部分ではない。
登山家に「なぜ山に登るのですか?」とい訊くのと同じこと。それこそ、
イチローに「なぜヒットを打つの?」と訊いたらたいへんな火傷を負いますね。
それくらいの質問なので、普段から付き合いがあるならまだしも、
元春という『彼からしたら若造』に対して、どう話したらいいのか?
小田さんは、答えを二転三転されていました。

観ていた時は、そんな姿がもどかしかったですが、
よくよく考えれば、そんな簡単に口を割れるかよ。というのが俺には分かる。

来週も楽しみに観たい。
http://www.nhk.or.jp/songs/song-w/
[PR]
by POP_ID | 2009-07-08 13:49 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/11904055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 横浜宣言。 マイケルを見送って。 >>