2009年・夏のダウンタウンボーイ
歌詞

完結を見た今回の佐野元春ツアー。(神戸が最終日ですが)
本編のハイライトはもちろん「コヨーテ海へ」
そしてアンコールでは「ダウンタウンボーイ」
なんと今夜はこれまでと逆のステージ(向かって)左手にスライディングを!!
それは僕らが立っていた方角でした!!
(過去2回も左で見ていたので、来なかった・・・・。)
いやぁー嬉しいモンですよ。そんなことがファンとしてはね。。。へへへ。
相対性理論ライブに続いて遭遇したラヴラヴ夫妻(ショコラ&アキト)も大喜びのはず。
裏ハイライトは前にも書いたコマボーの「アンジェリーナ」3番での裏メロコーラス。
もう二度と聴けないから、しっかりと目と耳に焼き付けました。
※今夜はビデオ撮り入ってたから、行けなかった人は買ってください。
元春サイトにもリクエスト<下記>しておいたけど、
トリプルアンコールの願いも叶って大願成就。

7/5 【神奈川】横浜BLITZ POP-ID
待望のCOYOTE TOUR 2009 勢い余って二日目の参加です。昨日はいろいろな昨今の想いが重なってしまって、涙で演奏がよく見えなかったけれど、今日はリラックスして楽しむことができました。僕はいろんなバンドを見てきましたが、このバンドのように、メンバー4人がマイクを用意されて、殆どの曲を全員で歌うという姿は初めて見ました!みんな楽しくて仕方がなくて、歌わずにはいられないといった様子でした。もちろん僕も負けじと歌っていましたが、ホール全体がパーティ会場みたいで、あっという間の2時間でした。次は最終日に参加しますが、ぜひトリプルアンコールに応えてください!楽しみに待っています。

で、はしゃぐのはこのへんにして。

10代で初めて聴いたダウンタウンボーイ。
20代で繰り返し聴いたダウンタウンボーイ。
少しだけ疲れたような30代のダウンタウンボーイ。
でも今、気づいたことは、年を重ねるごとにあの黄金のフレーズが
重みを増してきてるってこと。

Boyfriend Girlfriend 大切な My friend
あの輝きは かえらない
いつまでも お前にキスしていたいのに


共に笑い、共に生きた友達たち。
今は散り散りになりそれぞれの道を歩く人たち。
あの輝きはかえらなくとも、あの日見た太陽は今日も変わらずに輝いている。

そんな想いが去来して僕はここで、涙を堪え切れなくなる。
2009年・夏、僕はこの曲がライブで聴く1番の曲だと、確認した。
[PR]
by POP_ID | 2009-07-27 00:44 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/12019330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< LIVEに生きる人たち。 サンキュー、coyote band。 >>