佐野元春インタビューめっけた。
西日本新聞

>―1980年に「アンジェリーナ」でデビューして四半世紀近く。
佐野:当初、物語の主人公は10代や20前半の、人生に余裕のある世代の日常だった。「サムデイ」「スターダストキッズ」…がそう。曲に込めたのは「つまらない大人にはなりたくない」という大人への反抗。ただロックンロールとは「成長」について言及する音楽。だから今回は成長する、成熟することがどんなことか考えたかった。

>―メッセージの発信先が世代を超えているから、歌はいずれも普遍性を増して響いてくる。
佐野:それはとてもいい評価。うれしいですね。この4年間、同時代の表現者たちの動きが気になったんです。彼らが一体何を考え、どういう声を発しているのか。例えば小説家や現代美術作家。音楽に関心のない人たちは「たかが流行歌だろ」と思うかもしれないけど、音楽と肉声、全身を使って表現する僕らのポップ音楽とロックンロールは決して彼らに劣ってはいないと思いますね。

他にも
MODS,Char,ZAZEN,斉藤和義,坂本龍一などなど・・・・・。
******************************************************
ranking vote ↑好きですか?
[PR]
by POP_ID | 2005-03-30 02:44 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/1311079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 告知転載。 ドンキーズ。 >>