LOVE POP無罪。-MILD VER.-
ポップスもロックも効能なんて同じだと思うのです。
とあるバンドのメンバーがこう言いました。
「3分過ぎたらまた聴いて、ポップスなんてドラッグじゃねーか。」と。
本当にそうでしょうか?
だとしたら僕は病人です。
ドラッグに溺れて現実逃避する廃人です。
本当にそうでしょうか?
この人たちにそんな断定をされるいわれが何処にあるのでしょうか?
彼らの作るロックという音楽が、真に良質なポップミュージックと比べて、
どれだけの優位性があるというのでしょう?
具体的根拠を挙げて頂きたいものです。
私はとても悔しいのです。
ポップスを愛する人を否定する自由があるなら、
それに見合う義務を負って貰いたいのです。
実際問題、ハイになるのにポップスもロックも一緒だと思います。
大声を出せば力強いというわけではありませんし、
汗さえかけばリアルな体験ってわけではありません。
ましてやメッセージだけが真実の言葉だなんて死んでも思いたくありません。
それがロックの魅力だというなら、僕もロックにはないポップスの魅力を
たくさん挙げることができます。ジャンルや方法論ではないでしょう?
私は誰の信者にもなりません。そして多様な価値観を尊重します。

彼らがポップスを差別するなら、私は心を痛め続ける。
しかし彼らの音楽を支持する者を、私は決して差別しない。

僕はただ、自分の心のかさぶたを、必死に守っているだけさ。(文責:POP_ID)
[PR]
by POP_ID | 2005-04-29 05:09 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/1634612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おもしろかった。(愛の手紙代筆くん) LOVE POP無罪。 >>