巻き舌ボーカル。
親愛なる鼻息男様へ
巻き舌ボーカルと聞くと、どうしても「ロックン仁義/タイマーズ」を想起してしまう。
しかし同時に、言葉がハッキリ伝わればそれでいいのか?という側面だってある。
だけど詩の書けない奴に限って、
「ボーカルも演奏の一部だと思ってますから。」なんて
浅はかな言い訳をしたがるのもよくある話。
物事にはいつだって2面性があるから、できるだけ断定しないようにしたい。
でもその判断基準を「売れたかどうか」だけでは絶対したくない。
モンキービジネスかも知れないんだから。

たとえば
都会のスーパーには並ばない、「地場の野菜」「地場の魚」のおいしさ。
たくさん売れれば価値(勝ち)じゃないでしょう?
c0016991_7141913.gif ←クリックしてね!!
[PR]
by POP_ID | 2005-07-05 21:51 | MUSIC | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/2212846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぎょうてん(Gyou/T.. at 2005-07-06 07:15
タイトル : POP-IDさんの呼びかけに応じて
尊敬するPOP-IDさんからの手紙をいただいた格好になった。 巻上さんの本を読んでいないまま書くのだが、POP-IDさんの抜書きによると、こういう順序で書いてある。 巻き舌歌唱   ↓ 英語の真似   ↓ ロックの錯覚(聴いた人が"これはロックだ"と思ってしまうが、誤解だ)   ↓ 魂の表現のポーズこういう風に流れるためには、いくつかの前提を補った方がわかりやすいと思う。   (a) ロックは魂の表現だ   (b) 英語の歌を聴くとロックだと感じる人が多い   (c) 巻...... more
Tracked from ぎょうてん(Gyou/T.. at 2005-07-07 05:54
タイトル : 売れるような歌(POP-IDさんに応えて -その2)
 ロックかどうかはともかく、言いたいことをハッキリ唄うのが大事だと巻上さんは思っているようで、そのこと自体にはあまり異論がないと思う。  でも、(1) 言いたいことがハッキリしているのと、(2) 人が聴き取れるように唄うのとは別だ。  意味のわからない歌ってのがいっぱいある(売れていることが多い)。どうして意味がわからないかというと、上の(1)と(2)に対応して書くなら、   (あ)もともと日本語として曖昧、無意味、比喩が意外過ぎる etc.、な文、   (い)(あ)とは違って文の意味...... more
<< B面の味。 売れるシステム。 >>