音楽についてのまとまってない雑感。 
2004/09/19/Sun通信。

「いつのまにか僕らの曲には、へんてこな暗号が埋め込まれてしまった。」

「音楽はデータでもコンテンツでもない。」

佐野元春はデビュー以来、エピックソニーとの良好な信頼関係を築いてきた。
しかしソニーサイドの「全CDの例外なきCCCD化」に異を唱え、
自主レーベルを立ち上げて独立した。

エイベックスに始まったこの流れは、本流になるかと思われたが、
「i-pod」を始めとする「音楽配信ビジネス」が軌道に乗ると、一転、
「コピーコントロールはCD売上に悪影響を及ぼす。」と、方針の見直しを表明した。
CDが売れなくなるのはPCへのコピーのせいだったはずなのに。

音楽産業にとって音楽は商品にすぎない。→正論だろう。
売れない音楽は「産業廃棄物」だ。→心情的に納得できない。

話題の超大型新バンド「MOTORWORKS」
(石田ショーキチ、黒沢健一、田村明浩、ホリノブヨシ)
NEW ALBUMではダウンロードに限り、ボーナストラックが付く。

「それでいいんだ?君達にとって音楽ってそういう位置付けなんだね?」

音楽は1と0では決して表しきれない。
だから俺はライブに行くんだ。
熱や波動や空間に酔うため。
思い出いっぱい作るため。
[PR]
by POP_ID | 2004-09-19 00:19 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/233893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダブルスタンダード。 POP LIFE >>