1980-81 それは初体験だったんだ。
c0016991_1372792.jpg
ザ・ベストテンで観たアリス。「冬の稲妻」がかっこよかった。
でもアリスが来なくてベーヤンがソロで来たので行った。それが俺の初体験だった。
「カリフォルニアにあこがれて」「ページ99」もちろん「君の瞳は10000ボルト」も聴けた。

そして甲斐バンド、あのBIGGIGの2年前だね。もちろん「HERO」の後だから、
チケット取りは至難の業。レコード屋に朝から並んだと思う。
「ポップコーンをほうばって」でのフラッシュライト照明に打ち抜かれたな。

RCサクセション、全然無名さ、クラスでは。でも会場は熱気と血気が充満。
開演SEが鳴り出せば、もう座席指定なんて関係ない無法地帯!
客席ではパーティーの始まりを告げるクラッカーが鳴らされ、
学校では優等生で通っていた俺は、戦場でようやく「素」になれた。
「ブン・ブン・ブン」で両手を上げた。

チケットを無くしたのだが、めでたくアリスにも出会えた。
隣の人と手を繋いだ気もする。しなかった気もする。忘れたな。

さすがに「”アナーキー”はやめとけ。」と、不良サイドのクラスメイトに止められた。
「族だらけだぜ。」ってことだったが、彼らの出した単行本「心の銃」には、
犯罪を犯せなんて言ってるわけじゃないって書いてあった。
心の銃=思想犯、自由な心。
それは後世ブルーハーツが打ちまくった”見えない銃”と同種のものだったはずだ。
髪逆立てて行けば良かった。

俺のLIVE LIFEは地元NIIGATAからスタートしたんだ。
[PR]
by POP_ID | 2006-05-18 01:29 | LIVE LIFE HISTORY | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/3920993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マドカプのニュース。エリのニュース。 栗原淳、サイン色紙。 >>