長渕剛、最強論。
今夜は「くりぃむナントカ」!!
長渕剛王決定戦2夜目。

もちろん第一回大会も観ました。(が、その時の2夜目を見逃す痛恨。。。)
気合が今から入ります。

自分の人生にはないものとしていた「長渕」を今は肯定している。
過去ログ
突き詰めて考えていったら、
ROCKとは歌うものであり、
POPSとは歌われるものであるという結論に達した。
そこでじゃぁ最強のアーチストは、その両面を兼ね備えた者であろうと、
日本人アーチストをふるいにかけていったら、
そこに残った者は、意外にも、いや当然なのか、
長渕剛だったのだ。

大昔オカマみたいな顔・体をして「順子」を細々と歌っていた彼。
最初は誰も信じなかっただろう。
しかし彼は肉体と歌を極限までビルドアップし続けた。
笑いたい奴は笑えばいい、蔑みたい奴は蔑め。それでも俺は生きる。
彼は「お遊び」では歌わないだろう。
アニメの主題歌(の依頼)は受けないだろう。
そこには嘘はないだろう。

田島貴男は言う。
40代の聴けるロックがないって。
自分にはまだ力がないって。

しかし日本には長渕がいる。
俺は彼のCDを買うことはたぶんない。
今のところは。
しかしたまにTVに出てきたら、しかとこの目で見てやろう、聴いてやろうと思う。
彼がなお燃えているかを、嘘が無いかを見極めるために。
重厚長大なロックバンドが恐竜のように滅び去った00'sのシーン。
長渕というライオンは生き残っている。
頼もしいじゃないか。

c0016991_7141913.gif ←その迫力はyou tubeなんかじゃ伝わらないぜ。
[PR]
by POP_ID | 2006-10-16 22:13 | MUSIC | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/4739980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from A TALE FOR YOU at 2006-10-21 02:09
タイトル : 長渕剛異例のチャート上昇中!
ブログでも騒がれていたし、チャート上昇も納得かな?w ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ (続きは下から)長渕剛異例のチャート上昇 なぜ、異例のチャート上昇中なのかというと、くりぃむしちゅーの深夜の人気冠番組であるテレビ朝日系バラエティ『くりぃむナントカ』で放送された、「第2回長渕剛ファン王決定戦」の影響だろう。 熱狂的な長渕ファンである上田晋也(くりぃむしちゅー)、ワッキーこと脇田寧人(ペナルティ)らを前にサプライズ登場した長渕は、カラオケボックスのステージで3人のファンを前に熱唱を繰り広げたコーナー。 ...... more
Commented by y.k-ybf at 2006-10-16 23:02
長渕の、熱烈なファンでもないんですが。

捕まるちょっと前の長渕が、嫌いでした。
病的で、過敏に攻撃的で、
歌うこと以外で、「歌」を押しつけようとしていた。

それが復帰直後、
テレビで歌った「ステイ・ドリーム」が、素晴らしかった。
エゴや虚勢が払拭された、素朴で愚直な歌だった。

それからだんだんと好意的になり、今に至ります。
愛聴しているわけではないですが、
貴重な、ある存在だとおもいます。

長渕王決定戦、楽しみにしております。
Commented by POP_ID at 2006-10-17 00:20
そこなんですよね。
彼のこれまでの行動、全てが神格化されるものじゃない。
そこは、そこらの新興宗教のエセ教祖たちとの違いで。
うん。
<< 涙少々(先週に続き)「長渕王選... cobaさん、カッコイー!! >>