佐野元春/COYOTE/リスナーズレビュー
コヨーテ特設サイトに、NONA REEVESをNona Leavesと間違えてるお方がいて、
がっくりきた。発売以来、いろんなレビューを読みました。中には上記の寄稿文より、
ぐっとくる文章がいくつもありました。今後訪れた時に、ブックマークしておこう。
たとえば、

SERIOUS BARBARIAN

全文転載したいところですが。それは訪れた方のお楽しみとして、

>しかしこのアルバムの中に「サムデイ」や「アンジェリーナ」を探す必要はもうありません。
今、山本昌が投げる姿に「昔より球が遅くなったからつまらない」と思う人はいないでしょう。


ここはハイライトでしょう。ぐっときました。ROCKです!!!
[PR]
by POP_ID | 2007-06-23 02:21 | '00sあたり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/6366416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by モノクロギター at 2007-06-23 08:03 x
僕のblogにご訪問いただきましてありがとうございました。
そこに反応しますか!?(笑)
元春だったら本当は野茂なんだろうけど。
こちらのエントリーも拝見させていただきましたが、
実は僕と同年代なんですかね。
この年代は意外とたちが悪いですから(笑)、
よろしくお願いします。
Commented by POP-ID at 2007-06-23 12:42 x
モノクロギターさま、ご訪問サンクス!!!
バンド名いいですね。
モノクロームセットからは取ってないでしょうけど。
あなたのモノクローム・モノローグとも呼べる名文に感銘です。

桑田にも頑張って欲しいものです。
タメなんで。
カズ、ゴン、キヨ、クワ、音楽界ではマサムネが
1967年組だと思います。「当たり年」だなぁ。
<< 佐野元春/COYOTEを聴きながら。 NONA REEVESを黙殺す... >>