BABY同志内。
こうして区分けしてみると、
ミュージシャン同士のコラボレーションは、
BABY系同志が大多数だし、
非BABY系同志もよくコラボってることが分かります。
最近の猫も杓子もトリビュート盤という中で、
「意外なミュージシャンが参加!?」ってのは、
たいていが「BABY」派閥違いだからです。
※やっぱフィッシュは中間派だなぁ。とか判明したりします。

そんな異文化交流でのマイフェイバリットはやはり!
「い・け・な・いルージュマジック/忌野清志郎&坂本龍一」
となるのでしょうか。

(蛇足)
まんずグレイとヒムロが共演しても、なんら面白くないのは当然なわけさ。
SUPERCARが80'sROCKのルースターズのトリビュートに参加したのは、
多少驚きました。でもルースターズはそんな体温高いバンドではないんですよね。
その点では似ている。
[PR]
by POP_ID | 2007-07-26 21:32 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/6568165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ユニークユーザー数。 新星たる所以。90年代後期。 >>