氷川きよしオリコン1位ニュースから、音楽配信について考えたコラム。
氷川きよしくん、新曲でスンゴイ衣装(TMRみたい!!)着て
頑張ったかいあって、オリコン新登場1位らしい。してやったり!みごと!!
彼のファンは非ダウンロードリスナー。

今後進んでいく「音楽配信」の流れ。
1曲いくらで売られていく音楽。
音楽をどう楽しむかは、全くもってリスナーの自由。
だけどアーチストにとっては悩ましい問題。
手軽に売れることで収入は増えるかも知れない。
1曲=150円として、作詞・作曲・歌唱印税はいくら入るのかな?
それはCDシングル1枚に対してどうなん?
不要な音を取り除いて圧縮した音楽ってなんなん?
生の音とはかなり違う。
苦労してレコーディングした音を天然果汁とするなら、
薄皮のカケラとかを不純物をみなして取り除いたジュース。
感触は違っている。

流れを考えたアルバムの構成。
そんなのも好きな曲だけ放り込んだi-Podでシャッフルすれば無意味だ。
アーチストからしたら不本意であろう。

POP MUSICに携わる以上は、みんなに聴いて欲しいし、
チャート№1になりたいと思うのは当然。
佐野元春も石渡ジュンジ(ex:SUPER CAR)も、
「出す曲は№1 HITさせたい。」って言ってた。
※真に良質なポップミュージックの作り手であっても、
「分かる人にだけ分かって欲しい。」とは思っていない。

♪きいてる奴らが バカだから~ と歌った彼ら(真心ブラザース)も結局、
 王道ポップスへと路線を変えた。俺は「ねじれの位置」が好きだけど。

でもダウンロード№1 HITってなぁ・・・・・・。
ジャケットデザイナーの人は寂しいだろうな・・・。
[PR]
by POP_ID | 2005-02-15 16:23 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/702340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラブ・サイケデリコが信用できない。 ストレイテナー、ホリエ君。 >>