『教授』の呼び名は使用済み。さてどうする?
9月26日より東京・立教大学にて、佐野元春が特別講師を務める講義「Spoken
Words - 共感伝達としての『言葉』と『音楽』」がスタートした。

この特別講義では"クリエイティブ・ライティング"をテーマに、詩作や朗読、
スポークンワーズを題材として取り上げ、彼自身の作品やスポークンワーズラ
イブの映像の上映や、学生によるスポークンワーズの演習などが行われる。

立教大学は彼の母校ということもあり、特別に組まれた今回のカリキュラム。
佐野元春オフィシャルファンサイト「Moto's Web Server」では、今後この講
義のフォローと学生とのコミュニケーションのためのクラス専用のWebサイト
をサポートしていく。現役立教大生はもちろん、元春ファンもこれからの動き
に注目しよう。

『講師』と呼ぼう!元春を。
[PR]
by POP_ID | 2007-09-28 22:58 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/7072241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 真相は音の中。 行き着く先は「携帯」 >>