FRUITSを聴きながら。
数年振りにフルーツを聴いている。
決して聴きこんだアルバムではないが、
「楽しい時」「恋人達の曳航」水上バスに乗って」など、好きな曲は少なくない。
母の死を経て作られたこの作品は鎮魂歌のテイスト。
フルーツの果実は種を残し、次の世代に生きていく。
母の遺伝子は元春に受け継がれ、そしてまた次の世代へと繋がっていく。

♪憎しみがまた
  別の憎しみを生む世界

ファンなら言わずもがなの「マンハッタンブリッヂにたたずんで」のネガ。

僕はふと思う・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

元春の声は、
もしかしたら、
母のベッドのそばで、
枯れ果ててしまったのではないかと・・・・・・・・・・・・・

mama mama mama・・・・・・
[PR]
by POP_ID | 2008-01-28 22:39 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/8100265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新井田耕造(あらい たこぞう) PARTY >>