エリザベスコール/小沢健二 2007.12.16 回顧録。
映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い

2007年12月16日、日曜日の午後5時。
場所は横浜の「BankArt1929」
歴史ある銀行をアートホールに変えた、素敵な空間でした。
c0016991_1161296.jpg
今回僕は、2人が列島を北上しながら行ったツアーの最終日に参加しました。
この日は2回開催したので、正真正銘の千秋楽です。

参加方法は「往復葉書」による抽選でした。
送る側のスペースには好きなことを書いていいということなので、
僕は自分の写真を印刷しました。
c0016991_23355697.jpg
それは会場に飾られました。

座席は自由で先着順。一人で参加する僕は暇に任せて一番先頭で
入場待ち。開場と共に好きな席が選べました。
最前列には、みかん箱?に画用紙を張って、手作り風の座布団が敷いてあり、
僕には低いし、背もたれもないので、長時間は辛いなと判断して、
4列目くらいからの普通の椅子に腰掛けました。

開演を待つ間、会場内を一回りしました。
虐げられた民族にまつわる書籍や、エリザベスの撮影した写真のPOST CARD、
おにぎりやクッキー、現地のお茶などのバザーが催されています。
僕はPOST CARDと変な名前のお茶と、クッキーかなんかを購入。
招待状に「カンパをお願いします。」と書いてあって意味が分かりませんでしたが、
このバザーに(一応定価はあるけれど)好きな額をお支払いくださいという意味でした。
c0016991_1241478.jpg
会場は暗転し、集いが始まった。
お揃いの手編みの帽子が若々しい2人が登場。
スクリーンを挟んで客席から右に小沢、左にエリザベスが着席。
エリザベスはノートパソコン、小沢健二はギター(ロンロコ)を準備。
10年以上経ちましたが、彼の容姿に年波は感じられませんでした。
エリザベスは彼より4つか5つくらい年下だったかな。

映画は小沢健二が撮影したのだろう。一切彼は映らない。
取材はエリザベスが担当。彼女も映らない。
主役は名もなき市民(おばさんたち)で、助演男優が反米の指導者。

映画は他国を食い物にする「灰色国家」がいかに横暴で狡猾であるかを糾弾していく。
そして文明豊かな暮らしの貧しさを説いていく。
c0016991_123871.jpg
無声映画時代のように、講釈師をエリザベスと小沢が努める。
諭すようにしゃべり、特に脅かすような大声でアジる。
彼が抱えるロンロコという小さな民族楽器は、
略奪者から音楽さえも奪われてしまわないように、小さく小さく改良されたそうです。
その小さなギターを恋人のように愛でる小沢健二。
その響きには「ある光」が灯っていました。
映画が終わると、小沢健二は立って司会となり、
「この映画を見て思い出したことがあったら、教えてください。」と語り掛けました。

”満員電車で気分を悪くして吐いてしまった人がいました。しかし周りの人たちは
怪訝そうな顔すらして、蜘蛛の子を散らしたように離れていった。”

”今の日本がおかしくなってきた原因のひとつが2ちゃんねるだと思う。
小沢さんは否定するでしょうけど、私は2ちゃんの中に入って変えなくてはと思う。”

”小沢さんは知名度があるのだから、それを利用して活動しようとは思わないのですか?”

いろんな発言がありました。

終演時に彼は「僕の古い友人が来ているなら、どうか顔も見せずに帰らないで下さい。」と。
主催者は、撤収作業をお手伝いくださいとお願いしていたので、椅子を運んだり、
葉書を剥がしたりしました。その間も小沢さんは集まった人々とその場で会話を続けてます。
不思議な時間、まるで異次元空間?夢の中の1シーンみたいな感覚でした。
NYに旅立ち、消息を絶った小沢健二が、今、目の前に、普通に、

居る。

そしてこの日の1回目の参加者も交えて、恒例の集会へ。
会場を変えて始まりました。
c0016991_1181333.jpg
c0016991_1195829.jpg暑くなってきたのか、帽子の耳当てを上にあげている
のがちょっと面白い。
何度となく目が合うけれど、言葉が出ない。
彼の真意が掴めない。作品で語るのが
精一杯だという彼は、自分の立ち位置を明確
にしようとしない。はぐらかされる質問。
僕は少しずつ苛立ってくる。もどかしい・・・・。


結局、発言しないままお開きの時間になってしまった。
「貴方は現代のゲバラになるのですか?」
飲み込んだ質問は横浜の空に逃がしてしまった。

今度いつ会える?
・・・
[PR]
by POP_ID | 2008-02-06 23:26 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/8172812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 佐野元春2008ツアー、2/6... I'm in Blue... >>