明日は清志郎、復活祭。にあたっての告白。
c0016991_13435231.jpg
武道館ライブはいつ以来だろうなー。
記憶にある最後は「甲斐よしひろ30周年記念」だな。
あれはよかった。
そして明日、同じく俺が小学生の頃から聴いてた音楽に再会する。
俺にとっての清志郎は卒業してしまった学校のようなもので、
今はリアルタイムなリスナーではなくなっている。
そこらへんは甲斐よしひろや新しくは田島貴男とも共通する。
まぁ谷村新司も入れとこうか。
佐野元春も「石と卵」から「THE SUN」までは感動の対象から外れていたけど、
今作「COYOTE」で蘇った。
田島貴男はまだ若いし、今後新たな刺激を与えてくれると思いたい。
忌野清志郎、甲斐よしひろ、谷村新司、あ、氷室、布袋、ハリーについては、
ソロでの歌よりバンド時代の歌の方が好きなので、(布袋のギタリズムⅠを除く)
同窓会気分でのライブ参加になってしまう。
仲井戸さんは別格。彼はソロや麗蘭において、RC時代より好きな曲がたくさんある。
もっと評価が高くてもおかしくないのに、どうしてもRC時代の清志郎との立ち位置を
引きずられているのが不遇なところだ。彼はもはや№2なんかじゃないのに。

なんて俺内脳内完結文はこの辺にして、明日は単純に楽しんでこよう。
「トランジスタ・ラジオ」と「雨上がりの夜空に」をチャボのギターで聴きたいんだ。
コーちゃんのドラムで聴きたいんだ。梅津さんのSAXが聴きたいんだ。
「ステップ」での擬似F●●●は再現しなくていいんだ。(笑)

清志郎しかり氷室しかり、正妻は永遠に変わらない。
チャボと布袋以外に考えられない。
ハリー&蘭丸しかり。
[PR]
by POP_ID | 2008-02-09 14:05 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/8191464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 佐野元春2008ツアー、2/7... 佐野元春2008ツアー、2/7... >>