だんだん月に照らされてく今夜の元春ヒットパレード。
曲順は間違えたけど、(笑)
WILD ON THE STREETで、棒を2回落として最後にバツの悪くなった子供のように、
舞台袖に棒を投げたけど、(笑)

YOU LOVE ME!の声が小さいといじけたフリして、舞台袖に引っ込んで、
僕らが呼ぶと、ギターのヘッドだけをチラっと見せて、
さらに呼ぶとネックの部分も見せて、
少しずつステージに戻ってきてくれたけど、

ROCK'N ROLL NIGHTで僕を泣かせたけれど、
その後のSOMEDAYやアンジェリーナでも潤ませたけど、

スタンディングが禁止された3F最前列だったけど、

何も問題はないのさ。

しーたかサンの紹介は忘れてなかった。(笑)
その直前に、今までしなかったツアースタッフに感謝の拍手を求めたから、
元春事情をよく知る熱心なファンは、「もしかして・・・。」

****************************************

帰り道、ふと会場の横を見ると、出待ちのファンが残ってた。
「まだ9時半だぜ。」俺たちも便乗することにした。

DR.KYONを筆頭に、メンバーが次々と出てきた。
その多くは家族と共に。
「おめでとう!」もちろん、某ギターマンに。

最後に出てきた彼は、何度も何度も手を振ってくれた。
その変わらない笑顔と共に。
何度も、何度も、微笑んで、
手を振ってくれたんだ。

だからまた会いに行くよ。
[PR]
by POP_ID | 2008-02-18 00:44 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://popid.exblog.jp/tb/8259391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「大丈夫。忘れてない。」と彼は... 「他の街の友達には内緒だよ。」... >>