「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:WINTER SONGS( 18 )
REBECCA"TIME"
どうしても冬に聴きたい一枚。
凛と引き締まった音感が冬の耳をくすぐる好盤です。
1曲目の”WHEN A WOMAN LOVES A MAN”
このイントロを聴くたびに、AZTEC CAMERAの"WALKOUT TO WINTER"と
同じくらい「ああ、今年も冬になったねー。」と一人つぶやいてしまう。(心の中で)
間奏での声が・・・・よい!

”LONELY BUTTERFLY”
ここらの歌はみんなシャケとの恋愛が元になっていると思うと、かなり切なく響きます。
自由な蝶々は、レベッカに残った。シャケは追い出された。
「朝が来たわ。もう行かなきゃ・・・。」ベッドに彼を残して、ノッコはスタジオに、ホールに
出かけていったんだな・・・。

"(IT'S JUST A) SMILE"
決して絶世の  ではないノッコの引っ込み思案な女の子への応援ソングは、
嘘が感じられなくて温かくて、やさしい。

”CHEAP HIPPIES”
これは改心の作詞でした!POP MUSICにうまく入れ込んだ「失業保険」という単語。
歌に現実感を練り込むことに成功しました。僕はさらに突っ込んだ解釈をしていて、
「失業保険でやってるわ。」というのは、ただ単にプー太郎やってるんじゃなくて、
失業保険をもらいながら、とっぱらいの短期バイトをこっそり”やっている”と思ってます。
”やってるわ”の歌い出しに一拍溜めてるんですけど、そこにただの”やってる”
以上の黒い”やってる”という毒を感じるのです。歌い方も含めて。
でもさ、この頃はまだ先生ってやつが、「役立たずの堅物」程度の存在だったのが救いだ。
今じゃ狂士どもは生徒をいじめ、猥褻行為の対象とする時代だ。まだ平和だったよ。

”WHITE SUNDAY”
アルバム「POISON」では”本気になれたのは始めの一週間だけ”なんて刺してくる
言葉もみつかりますが、”ときめく心が苦しくて もしもこのまま冬が続くなら 2人まっ白に
なれるのに”という先の見えない恋をする2人だけに許された、悲壮なまでの青さが
胸を打ちます。

最後の曲が外注なのがとても残念。WHITE SUNDAYの後に、
聴き手にどんな決意を示すのか?
ノッコはどう生きていくのか?
最後の曲で教えて欲しかったです。

完璧なアルバムではないけれど、不思議な愛着がある一枚です。
[PR]
by POP_ID | 2006-12-18 05:08 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
アーリーサニーデイズ。
毎年冬になると無意識に口ずさむ曲があります。
「COSMIC HIPPIE」というその曲は、
白紙のプラカード抱えた世代の決起。
「言いたいことはなにもない。」
これがサニーデイ・サービスだって胸を張ってた。
それが今じゃね・・・。
若くて青くて酸っぱい季節。
俺は好きだよ、そんな彼らも。
c0016991_026529.jpgc0016991_027775.jpg
c0016991_7141913.gifCLICK ME!
[PR]
by POP_ID | 2006-01-27 00:24 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
新春的歌曲。
佐野元春の
「NEW AGE」のアナザーバージョン(ハートランドVER.)
これまた秀逸。
イントロからしてNEW YEAR'S DAYにピッタリの名曲ですね。
[PR]
by POP_ID | 2006-01-14 00:43 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
新年っぽい曲。
佐野元春の「ヤング・ブラッズ」
小沢健二の「ある光」
真冬の冷たい風を爽やかに切る良品です。

1.12 P.S
噂をすればなんとやら・・・・・。
[PR]
by POP_ID | 2006-01-10 22:22 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
冬のポップス選。
レベッカから、
「KILLING ME WITH YOUR VOICE」
「TROUBLE OF LOVE」
「WHEN A WOMAN LOVES A MAN」
冬の空気感が伝わります。(僕の主観)

佐野元春から、
「虹を追いかけて」
「エンジェル」
そして
「クリスマスタイム イン ブルー」

そしてまたあの日が来るから、
レッドウォーリアーズで、
「JOHN」

当日にネイキッドロフトでトリビュートライブがある。
シャイさんが出るし、行こうかな。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-06 23:41 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
雪といえばYUKI。
「春一番」の翌日に雪。なかなかボケのツボを心得てる、ノー天気さん。
三寒四温とはいうけれど・・・。驚きましたよ。
ちゅうことで、
やっぱ雪の日には、LOVER SOUL / JUDY&MARYでしょう?
c0016991_1304240.gif
J&Mに関しては、夏頃に書きます。たぶん。
[PR]
by POP_ID | 2005-02-25 13:01 | WINTER SONGS | Trackback(1) | Comments(0)
Aztec camera / stray
やっぱ1stだけじゃなくて、こっちもアップしよーっと!

c0016991_5374928.jpg
音の粒がダイヤモンドダストのようにキラめく、hyper pop tune 「the crying scene」
ミック・ジョーンズ(ex CRASH)との掛け合いが楽しい 「good morning britain」
いずれも冬に聴くにはピッタリです。

c0016991_5383714.jpg
♪人生が一度きりの映画だなんて
  そんなことどうだっていいさ
  僕は泣いたりしない
  どんなに悲しい場面でも

[PR]
by POP_ID | 2005-02-18 05:41 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
雪の日に聴く、B-FLOWER。
ネロリーズと共に「ポルスプエスト・レーベル」を飾ったバンド。
(ジョイントライブもやったなぁ)

     「雪の朝、ロビンのように。」
 
     新しいマフラーを結んで君のもとへ飛んでゆきたいって歌。
     
c0016991_0201765.jpg
[PR]
by POP_ID | 2005-01-27 00:21 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(2)
ラヴ アンド ドリーム ふたたび。
寒い毎日が続きます。
温泉でも行きたいけれど、ままならずなので、
フリッパーズの"LOVE AND DREAMS ARE BACK"を聴きましょう。

この曲は小山田くんが、後のインタビューで、
「フリッパーズが、もし続いていたとしたらどんな曲をやってたと思う?」
と聴かれて「こんな感じかな。」とあげた曲です。

「ムーンライダースみたいにはなりたくない。」と発言して、
鈴木さん(ムーンライダース)に、
「うん、ならない方がいい。でも、なれるもんならなってみな。
挑発返し(さすがだ。)されたやり取りも、なつかしい。

だけど僕らは今日も前へと進む。
昔の歌、くちずさみながら、
今の歌、聴きながら。

ふたたびなんて思わない。
生きてる人に対しては。
[PR]
by POP_ID | 2005-01-25 03:48 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)
ECLECTIC/小沢健二
音の感じが冬にあいます。
室内でも屋外でも。
彼が暮らしたNYに行って、部屋のCDラジカセで聴いたら、
とてもハマったことを覚えています。c0016991_151282.jpg
[PR]
by POP_ID | 2005-01-16 01:04 | WINTER SONGS | Trackback | Comments(0)