カテゴリ:MUSIC( 185 )
今週のSPA DARA PAR。
今週号のSPA!にSDPが出てて、
そこで語ってる本音が素晴らしくマジなので、
スカッとしました。

今の音楽、今のラップ(日本の)、今のリスナー。
俺も100%同意です。

サンキューいっぱいあげたい。
[PR]
by POP_ID | 2009-03-29 01:24 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
大麻汚染と会社。
はっぴいえんどCD販売中止 「音楽に罪はない」と疑問の声
音楽に罪はなくても、会社は自分(法人)が大事なのだ!
汚れたくないのだ!!
疑問の声は俺だって上げたいのだ!!!
しかし売ったら売ったで文句をつけずにはいられない暇人がわんさかいるのだ!!!!
買わなきゃいいだけなのだ!!!!!
ま、ヒスブルはNGだけどね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by POP_ID | 2009-02-20 00:11 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
消費者。
音楽アルバム離れに拍車 08年の米国販売14%減、CDが不振デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

>好みの楽曲だけを1曲ごとにネットで買う消費パターンの定着が、
アルバム離れに拍車をかけているとみられる。

消費かぁ・・・・・。
売れなくなれば廃盤だ。
俺はゲームは消費するけど、音楽はできないなぁ・・・。
[PR]
by POP_ID | 2009-02-18 22:37 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
JASRACに公取委が排除命令へ、新規参入を阻害

同業者の新規参入を阻んでいるとして、公正取引委員会はJASRACに対し、
独占禁止法違反(私的独占)で排除措置命令を出す方針を固め、事前通知した。

音楽という蜜に群がるアリたち。
ミュージシャンも他に選択肢がなければ止む無し。
持ちつ持たれつといえば波風は立たないが、
誰かがうまくやっている。
壁の向こうでやっている。
[PR]
by POP_ID | 2009-02-07 12:42 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
出口なき議論。
>表面しかなぞらないリスナーの方が売りやすい(売り手)
>タイアップしか眼中に無い大衆の心理(買い手)

F1でトップチームがトップドライバーを抱えて
常勝を狙うのと同じで
音楽と広告の業界人がおいしい汁を吸うための策を取るのは
ビジネスマンとして間違ったことではないでしょう

>今の音楽業界は例えていえば沈み行くタイタニックの状態にあると思います。しかし「音楽業界人」の乗組員は沈むとわかっていて舟と運命を共にしようと考えている人間が多いように思います。

商才のない商人は淘汰されて当たり前です。
誰も同情はしないし、敗者去るべし。

音楽業界が小さくなっても
音楽文化はなくならないし悪くもならないと考える私は
この議論からは外れたほうがよいですね
特にJASRACに背を向けている歌い手さんを支持してる私なんか
ちっとも困りませんからね

このトピでは志ある「業界人さんたち」が
あーだこーだと出口を探す場であれば
楽しくROMらせていただきます
議論で世間が変わるとは思えないので
「だから何?」って感じですけど

真のビジネスマンは黙って次の手(具体策)を考えているものです。
リスナーが愚かならそれを利用するまで
それでも「真に良質なポップミュージック」は決してなくならない。
[PR]
by POP_ID | 2008-11-19 17:38 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
音楽業界。
先生たちは僕を不安にするけど
それほど大切な言葉はなかった
(ブルーハーツ/少年の歌)

リスナーが安易に入手できる歌ばかり買うので
音楽産業が縮小してきて
ギョーカイジンが困っています

でも僕らにはそんなこと関係ありません
僕らは僕らの歌を聴き歌うだけです
自分の身は自分で守ってください

きいてる奴らがバカだから ぼくらの歌詞は簡単さ
きいてる奴らがバカだから ぼくらはルックス磨かなきゃ
(真心ブラザーズ/きいてる奴らがバカだから)

バカにつける薬売り
それが音楽業界のお仕事

なんて書かれて
「ふざけんなー!」という業界人を応援したい
素晴らしい音楽が素晴らしく売れるわけじゃない日本という国
ぜったいおかしいのは確かです
[PR]
by POP_ID | 2008-11-19 17:38 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
MIXI日記より転載。
今、面白いトピが参加コミュで立ってて、
ついつい口出ししてしまったんだけど、
俺は知識も語彙も少ないから、
あんまかかわんないどこうと思う。

で、自分の土俵で何を思ってたのか
再確認してみた。二年前の記事。

>欽ちゃんの想いから学ぶ音楽業界。 編集 | 削除

野球を音楽に変えて読んでみよう。
勝つをセールスに変えて読んでみよう。

>選手たちには一番最初に、「面白い野球だと思ってするな。まじめにやれ」と言いました。面白いことしようとして、欽ちゃん走りやったやつがいるんです。私は野球を冗談でやろうと思っていないし、そういうふうに思われてるのは不愉快ですから。野球には尊敬すべき長い歴史があるし、そこを汚すようなことを私はすることはないですしね。またお笑いは素人がやるとおふざけになりますから。あとは、たくさんの人に見られて、人は輝く。だから見てる人がいるってことをありがたく思え。だから監督を胴上げするのはよせ、お客さんを胴上げしようと思えって。そういう応援があって、野球ができてるんだ。監督のために野球やってもお客さんは喜ばない。お客さんにありがとうっていう野球をやってくれって話をしましたね。

>僕は試合には口を出していないです。コーチはプロがやっていますから。野球には長い歴史があるので、勝つためのあらゆる作戦はできていますから。勝つためには今やっているプロ野球も、高校野球も、メジャーリーグもすべて正しいんじゃないですか。だから勝つっていうと、みんな一緒になると思います。でも僕は勝つだけじゃないですから。勝つのはお客さんの楽しみのひとつですから。
********************************************************
何事もそうだが、結局は底辺に真剣さとお客さんへの真心がないと、築いたものはもろい。
人気が下がってるのに、選手の年俸がべらぼうに上がっていくっておかしいだろ?
ねぇ、
「野球は誰のためにプレイされたらいいの?」
[PR]
by POP_ID | 2008-11-19 17:37 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
音楽なんてもんは。
11/19追記
「リスナーが愚かなせいで音楽業界が衰退していくという論理」への反論。
それは業界人の甘えだと思ったので、以下全文を転載。


音楽文化と音楽業界の未来が同列に語られてるのが問題じゃない?
それ別モンで語るべきではないかな?
私は音楽文化は大事ですけど、音楽ギョーカイの未来は大事じゃないから。
なぜなら搾取する人も業界には含まれるからです。

あと、
リスナーとミュージシャンに等しく苦言・提言をするのも無理があると
思います。

ミュージシャンには志があるべきだと私は考えます。
それは私にとって音楽は宝物だからです。
しかしリスナーに志を求めるのは求める人のエゴでしかありません。
音楽が生きる道しるべの人もいれば、
音楽はチューインガムの人もいるからです。
それがポップミュージックの宿命ですから。

私の結論はシンプルです。
「音楽は洋服と同じです。」
着たい服を作る人と、同じセンスを分かつ人がいるから、
文化なり業界が成り立っている。
もちろん志なく「売らんかな」の服を売る人もいます。
金がなくちゃ死にますからね。
服にもルーツはあるけれど、
着る側に知識っていらないでしょ?
気に入ったシャツ着てて、文句・薀蓄言われちゃかなわないって
「その服、70'Sのリバイバルだって知らない君はリテラシー不足。」
って嘆いてるのか?服飾ギョーカイの人は。


インテリ用語で語りだす
ギョーカイジンには気をつけろ!
ROCKに学んだ合言葉
[PR]
by POP_ID | 2008-11-15 17:21 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
似たりよったり。
JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた、という話
時間があるときに見よう。

↑に対する記事
まぁポップミュージックは生まれたときから消費物なんで、そこは一致しないんだけど、
あとは同意。
[PR]
by POP_ID | 2008-11-04 21:46 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
お姫様。
女性シンガーが勘違い方向に行きやすいのは、
周りがyes-manばっかで増長させちゃうからってニュアンスのことを、
銀色さんが書いてて、(確かになぁ・・・。)と同意。
ギョーカイは男社会。
面と向かって「今日は声出てなかった。」とか「音程外してたね。」とか、
言う(言える)人がいないんだろーか?
唯一言えるとしたら、メイクやスタイリストの「オンナっぽいオトコ」。
彼らなら「あら、○○ちゃん、今日化粧ノリよくないわねー。寝てないでしょ?」とか。

原田知世とか椎名林檎とかは、そういう勘違い臭がしないから好きだ。
嫌いなアーチストって男女問わず、そういう輩だったりする。

佐野元春と松っちゃんのトークが好き(銀色)
俺もだ。
[PR]
by POP_ID | 2008-09-29 01:22 | MUSIC | Trackback | Comments(0)