カテゴリ:'70sあたり( 34 )
あの素晴らしい愛をもう一度
中学の合唱大会、中二の時がこれだった。
中一がモルダウで、中三が大地讃頌だったはず。
中二は一番好きだったクラスなので、思い入れが強い。

にしてもアルフィーの坂崎さん、辛いだろうな。
喪服ばかり立て続けに・・・

加藤さんの特集をNHKでやってて観た。
坂崎さんって生歌がレコーディングのOKテイクばりの完成度で軽く感動した。
[PR]
by POP_ID | 2009-10-29 00:31 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
甲斐バンド
初期甲斐バンドの曲名をただ眺める。
昭和の日本語の渇いた響き。
小説の題名になりそうなタイトルたち。
詩人:甲斐よしひろを忘れてはならないな。

彼が遠いたびに出るとき、
マスコミはきっとHEROにからめた、
くだらないお悔やみを並べるだろうが、
俺の心に鳴り響くのは、あの頃の甲斐のうなだれたような声。

戦いに敗れた世代の飢えとけだるさは、
100円バーガーをほうばってる若者には、
一生味わえはしない。

ポップコーン
それは何を意味したか?例えたか?
考えるだけで一晩が過ぎる。
[PR]
by POP_ID | 2009-09-02 01:49 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
名曲はTVドラマから生まれた。

アイフル大作戦とかを経て・・・

[PR]
by POP_ID | 2009-08-22 01:54 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
Beach Boys in Amsterdam 1969 - God Only Knows

洋楽を加えると無間地獄なので、手を広げたくないのだが、
愛するパーフリちゃんの曲でもあるので(おいおい)ちなみにアゲ。

[PR]
by POP_ID | 2009-08-17 23:54 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
僕の知らない70年代。
まるでピチカートファイブのよう。

この↓ピピッピはムッシュの曲で、「中央フリーウェイ」と曲のプレゼント交換したらしい。
そういや小山田がキョンキョンに「華麗なる休暇」という(しょーもない)歌をあげてたな。
ま、小山田&カヒミの絵とも似る。

著しい不等価交換に結局彼女は自分で歌ったという・・・・。うん正解。
[PR]
by POP_ID | 2009-08-17 23:39 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
コーネリアスの新譜ではなくて。
細野さんと小山田さんがくっついたのは必然。顔まで似てる?

[PR]
by POP_ID | 2009-08-17 23:37 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
君薔薇。
今度歌おう。
[PR]
by POP_ID | 2009-08-13 04:21 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
太田裕美/こけてぃっしゅ/避暑地の歌声。

こけていっしゅ

太田裕美 / ソニーレコード


この声は神様の贈り物だな。
夏を癒す避暑地の歌声。
軽井沢系と呼んでおこう。
ずいぶん前から一度ライブに行きたいと思っています。

夏風通信
レインボー・シティ・ライト
心象風景
自然に愛して
太陽写真
恋愛遊戯
トライアングル・ラヴ
ロンドン街便り
暗くなるまで待って
九月の雨

PS.ちょっと待て、なんだよ「こけて(い)っしゅ」って・・・?
てぃっしゅだ、てぃっしゅ。コケていっしゅじゃない。うぃっしゅ!でもない。
[PR]
by POP_ID | 2009-07-31 12:25 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
HEROのB面にあった「からくり」
からくり
>本音と建前のプラカード そいつを交互に下げ
  うまく生きた気になり 手ひどく痛手うけることになる
  それが世の中

ミリオンセラーシングルのB面に収録された冷静。
踊らされちゃいないという視えた姿勢。

こんな歌、視えてなきゃ書けないのに、
視えないまでも生きるぜというフレーズ。

A面と同じ数だけひっくり返して聴いて、歌ったB面。

俺は狙われ続ける大衆リスナーではない。
少年時代の俺の青いプライドを満たしてくれた曲。
[PR]
by POP_ID | 2009-06-28 03:55 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)
僕の自転車の後ろに乗りなよ。


[PR]
by POP_ID | 2009-06-25 22:53 | '70sあたり | Trackback | Comments(0)