「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ROCK WORDS( 8 )
誰が殺すのか?
我が物顔の馬鹿者の化け物じみたその顔は
幾重の化けの皮重ね本当の実態ひた隠す
危険な思想の後押しを棄権の民がするならば
闇夜を照らす月さえも背中を向けて目を閉じる
[PR]
by POP_ID | 2015-07-30 03:10 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
無題
権力者を乗せた人力車の終点で
放し飼いにした獣と話がしたい
死神の死に場所は誰にもわからない
破壊的な紅い月を墓石にしたい
[PR]
by POP_ID | 2015-07-26 01:39 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
2011.7.3
脅しの御触れはオフレコだ。
[PR]
by POP_ID | 2011-07-04 03:35 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
2011.6.18
飲めない水と知らずに泳ぐ
喰えない魚を釣り上げて
無理やりキスをした後に
針をちぎって逃がすのさ
火を囲み肩組んで合唱しよう
この夜もどうせ終わるんだから
朝ばっかり朝ばっかり俺を責め立ててくる
もう数も数えられない
血の中で両手が燃えている
[PR]
by POP_ID | 2011-06-18 04:08 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
2011.6.12
ついこないだまで、スーパーのワゴンに山積みされてた
安全は「品切れ」の札が貼られて、次回入荷の見通しが立たない
力を使い果たした魔法杖のように、
干からびた神話は本当の現実を表沙汰にするけど、
まるでこっちこそ作り事のようさ

ドアを隔てたお得意様サロンでは、値札のついていない幸せの商談
高級なセイロンティーの香り、TVには映らない香り
この国は夢の島、醒めてなお食べ続ける悪夢
被爆して被曝してまだ夢を見てる
指揮者の奏でるレクイエム、楽譜通りの終章
ホールの支配人は今夜のギャラを5%値切ろうとしている

一方、客席で僕は言う、「その髪型は好きじゃない」「その尻のぜい肉は如何なものか?」
背中越しに顔の見えない相手に野次を飛ばし、唾を吐き、挙げ句にチケットの高騰を嘆く
ファシストのマスターベーション、ナルシストにスタンディングオベーション
千秋楽も八百長、海に注ぐ七杯の毒杯
よく晴れたベント日和に僕は、胸いっぱいの溜息を吐き出し、セシウムと等価交換する

********************************

理想的な思想が偽装されてたらどうする?
辞書さえも偽書ならば誰に聞けばいい?
君の行動は荒土を耕す労働に変わり、
監視する紳士たちは短期的な夢を語るだろう
[PR]
by POP_ID | 2011-06-12 19:04 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
悪魔たちの歌
おびただしい数の人柱の上に建つ堅牢な城の中で
今夜も秘密の宴が行われている
安全に人を殺す方法を想定しうる限りで生み出すのが仕事
心は汚しても手は汚さない

俺の血は他人には輸血しない。

本当の安全は金で買うのだ
そしてその金は人柱と引き換えに湧いて来るのだ
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:59 | ROCK WORDS
人殺しの歌
俺は国の基準通りにやった
俺は国の基準通りに人を殺し
会社の規定通りの退職金をもらって
優雅な余生を過ごすのだ
文句あったら法廷に来い!
いくらでも相手してやるぜ!
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:56 | ROCK WORDS
2011412
そこらじゅうにいる俺の分身
痛みは共感しない
悲しみは共有しない
言葉は羽毛のベクレル
フィルター通せば無害
ひとつになって頑張れ
絆を諦めないで
段々酸が溜る
もうすぐ裂けてしまう
消化しきれない毒素
消火しきれない焔
天から地獄が降る
恵みの雨を汚す
母なる海に虐待された名も無き孤児を襲う
そこらじゅうにいる俺の分身
憎しみを充満させ
怒りを増幅させ
暴力と言う名のバルーン掲げて砦に向かってく
失った父の誇りを片手に砦に向かってく
砦に向かってく
トリデニムカッテク
ヒトリデニムカッテク
ヒトリデムカッテイク
ヒトリデトリデニ
ヒトリデトリデニ
ヒトリデニムカッテク
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:49 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)