<   2004年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
POP労働者階級に告ぐ。
賞味期限切れのコトバ
店頭に並べて
古い自分の暖簾を守る

ナーンセンス!

異議なしだ

苛立ちをPOPせよ!
悲しみをPOPせよ!
絶望をPOPせよ!
欲望をPOPせよ!
ルーティンワークをPOPせよ!
三面記事をPOPせよ!

兵士達の血塗れたジャケットを脱がせて
砂糖漬けにして故郷へ返せ
POPで世界を変えようなんて

ナーンセンス!

異議なしだ
[PR]
by POP_ID | 2004-09-30 00:02 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(0)
過去帳(2004.9)


人が人を殺さない世界が訪れた時
まわりにはクローン動物&植物しか生き残ってなかったら
なんて寂しい世界だろう
それは起こりうるんだ
遺伝子工学やクローン技術は今後
まちがいなく人間の寿命を延ばす
その分食べるしエネルギーも使う
その為には地球を犠牲にしなくちゃならない
虫のつかない遺伝子組み替え植物によって
害虫とやらが絶滅してだんだん連鎖が壊れていく
地球温暖化の影響も農業に打撃を与える
アメリカの穀物メジャーは大売出しさ
「うちの特許の種を買えば悩むことなし!安心安全!」
死なない植物が他を駆逐していく
病気にならない遺伝子組み替え家畜に
強力な耐性ウイルスが発生して他の動物を殺していく
巡り巡って変化してSARDS並みの病気が多発する
対抗して遺伝子治療を繰り返すけど手遅れでした

平和な地球
そこには
クローン技術で生き続ける
家畜と植物
そしてクローン人間だけ
ああでもだめだ
そうなる前に
クローン技術を独占して
地球を支配しようとする人が国家が
現れるだろうから
それはつまり今と同じ状況だ

核兵器と経済力を持つ国が横暴を働いている現在と


[PR]
by POP_ID | 2004-09-28 13:19 | past songs | Trackback | Comments(0)
ことばあそび。
思い出し苦笑い。
思い出し怒り。
思い出し泣き。
作り怒り。
作り置き笑い。
作り苦笑い。
大苦笑い。
大嘘泣き。
大作り笑い。
大思い出し苦笑い。_____________pop_id
[PR]
by POP_ID | 2004-09-28 06:56 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(0)
POP IMAGE

想像力がないと
飛べないんだ

見えないものが
見えないんだ

リアルな現実の向こうに見える
本当のキラメキを

俺はみつけたい
俺は持ち続けたい

そんだけ
[PR]
by POP_ID | 2004-09-28 06:43 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(0)
POP VS DARK
2004/09/23/Thu通信。

ポップな表現とダークな表現との関係について
ちょっと考えていた
ブラックジャックとドクターキリコの関係だろうか?
水と油だろうか?
天国と地獄だろうか?

答は見つからず留保
[PR]
by POP_ID | 2004-09-23 00:06 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
夢コラボ(元春&清志郎)
2003.4.22
この日、二人は
「悲しきRADIO」と「トランジスタ・ラジオ」を共演した。
ちょっとうまくいかなかったけれど。
いいじゃん、ROCKにリクツなんていらないし!
[PR]
by POP_ID | 2004-09-22 22:54 | '00sあたり | Trackback | Comments(2)
悲しいけれど。 
「大人はずるい。」と子供は言う。
(俺も言ってた。)
でも答が二つあることも真実だって
生きていくと知ってしまう。

「言葉はいいもの?悪いもの?」
使い方しだいさ。どっちにでもなるよ。

「夢はいつまで持てるもの?」
持ち方しだいさ。どっちとも言えないよ。

「世界は素晴らしいもの?」
見てきてごらん。その目で。



悲しい痛みを知るたびに
大人になってきた僕ら
諦めきれないキラメキは
まだちょっとだけ残ってる

今日はどっちの話をするの?
諦めについてのブルーな話?
キラメキについてのポップな話?
どっちも真実さ真剣な話さ
コーヒーを飲みながら
じっくりと話そう
[PR]
by POP_ID | 2004-09-22 00:08 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(0)
THINK'BOUT POPS
今回「ノンセクト・ラディカル展」を観て、
今一度現状認識したんだけど、
じゃあ現実に対してPOPという表現が本当に無力
なのかと自分に問い掛けてみて、やっぱりPOPには
ちゃんとPOPに与えられた役割があるんだと確信しました。
もちろん唾棄すべき陳腐なPOPも氾濫していますから、
その取捨選択は各個人頑張っていただきたいのだけれど、
真に良質なPOPは、
半分の諦めと、
半分のキラメキを請け負った上で成立しているものなのです。

ジョンレノンのイマジンという曲が、果たしてPOPSなのか?
ROCKなのか?ある種の賛美歌なのか?それは聴いた人が決めていいけれど、
僕には真に良質なPOP MUSICに聴こえる。
この歌は絵空事を歌った奇麗事ソングだと思う人は、イメージして欲しい。

では、この曲はその絵空事の舞台である「天国」で生まれ得るでしょうか? と。

答えはまっすぐにNO!です。
もちろん歌の中で「天国はない」と歌っているけれど、
真に良質なPOPは諦めを伴った悲しみを内包しているから、
やはりこの地上でしか輝けないのです。
僕の写真にはまだ、それが表現できていない。
だからそれを達成するために、
もっと目を磨きたいし、必要な技術は取り入れたい。
でも初心はいつもそこにあるんだ。
意思のない表現になんの価値がある?
10年待ってくれ。まだ生きてる予定さ。
だから共に生きよう。
滝の直前の濁流に突き出た最後の岩にひっつかまりながら、
マスターピースを探すんだ。僕自身の、君自身の。
[PR]
by POP_ID | 2004-09-21 00:14 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(0)
ダブルスタンダード。
2004/09/20/Mon通信。

俺もほんとは分かってる
世界の真ん中で理想だけを叫ぶことの青臭さを
世界は結局人の手で終わるって、半分思ってるさ
だから「明日もきっと来る」って前提で生きてる
来なかったらしゃーないよ
テポドン飛んできたら
そこまでじゃん?
[PR]
by POP_ID | 2004-09-20 00:15 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
音楽についてのまとまってない雑感。 
2004/09/19/Sun通信。

「いつのまにか僕らの曲には、へんてこな暗号が埋め込まれてしまった。」

「音楽はデータでもコンテンツでもない。」

佐野元春はデビュー以来、エピックソニーとの良好な信頼関係を築いてきた。
しかしソニーサイドの「全CDの例外なきCCCD化」に異を唱え、
自主レーベルを立ち上げて独立した。

エイベックスに始まったこの流れは、本流になるかと思われたが、
「i-pod」を始めとする「音楽配信ビジネス」が軌道に乗ると、一転、
「コピーコントロールはCD売上に悪影響を及ぼす。」と、方針の見直しを表明した。
CDが売れなくなるのはPCへのコピーのせいだったはずなのに。

音楽産業にとって音楽は商品にすぎない。→正論だろう。
売れない音楽は「産業廃棄物」だ。→心情的に納得できない。

話題の超大型新バンド「MOTORWORKS」
(石田ショーキチ、黒沢健一、田村明浩、ホリノブヨシ)
NEW ALBUMではダウンロードに限り、ボーナストラックが付く。

「それでいいんだ?君達にとって音楽ってそういう位置付けなんだね?」

音楽は1と0では決して表しきれない。
だから俺はライブに行くんだ。
熱や波動や空間に酔うため。
思い出いっぱい作るため。
[PR]
by POP_ID | 2004-09-19 00:19 | MUSIC | Trackback | Comments(0)