<   2005年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧
祝・復活!&俺的初!LOVE LOVE STRAWの夜。
2005年ライブ納めに代々木まで。
c0016991_2502313.jpg

VASALLO CLUB 75の実力派っぷりに感心。
デュランデュランのカバーバンド「DARUN DARUN」にノリノリ。
いくつかのカバーでは80'sの郷愁。
大沢誉志幸「そして僕は・・・」あり、シンディーローパー「ガールジャスト・・・」
「タイムアフター・・」あり。
さらにルースターズ「恋をしようよ」、フィッシュマンズ「baby blue」ありで、いい塩梅。
真に良質なポップミュージックはその遺伝子を残す。
お待ちかねのlove love strawはもちろん大トリで出陣。
ライブハウスは満員御礼。みんなこの日を待っていた。
そんななか俺だけ?が初陣で、申し訳ないのだが「一夜限りの再結成!!」と聞いて、
いてもたってもいられなかった。
※こないだのヴィーナスペーターはチケット取れなかったし・・・。
(ああもう生「LIFE」聴けたら、思い残すことはない。)
FLAME ONも聴けた。EVERY SINGLE DAYも聴けた。
そして「LIFE」も聴けました!!もう感激ヒデキ級!!!
今年のサマソニのThe La's「there she goes」に匹敵する感動。
ってVASALLO CLUB 75がさっきカバーしてたのも何かの縁?
で、ラヴラヴストロォですが、解散ってなってましたが、実は水面下でメンバーは集まって
練習までしていたそうです。これって活動休止でもないし、地下活動期間ということ?

で、終演後本人からも聞きましたが、来年はライブ活動再開とのことなので、
90年代のシモキタを代表するギターバンドを未体験のアナタは、
ぜひチャンスを伺うべきです!
次は4月に予定。(クライフ イン ザ ベッドルームとの対バン)

More
[PR]
by POP_ID | 2005-12-31 02:49 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
for friend (元気を出せよ)
失うってことは
角度を変えれば
与えてるのかもしれない

そして世の中は
与えるものにのみ
与えられるようにできてる

今日を失っても
明日はやってくる
そういうことさね

全てをなくしたときに
もたらされるものこそが
真実なんだろう
[PR]
by POP_ID | 2005-12-31 02:04 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(2)
読めない。
倖田來未。
読めません。ああ読めませんとも。
これでオヤジと呼ぶなら呼べ。
モーニング娘。の現状メンバーの名前をもはや
ぜんぜん知らないのと同じ程度のレベルさ。
彼女(倖田來未)の代役はすぐに出てくるだろう?
もう何人目だい?この手の歌い手さんは。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-31 01:58 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
ザ・ナンバガ・ブログ
http://fanclub.exblog.jp/
イギーポップ?
過ぎ去りシロック野郎のデンセツが蘇る。
必見!マストゴー!!
[PR]
by POP_ID | 2005-12-30 05:07 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(3)
10年。
豊穣の1998年組(SUPERCAR,RINGO,NUMBER GIRL etc...)を遡ること2年。
1996年デビューなのが、
永遠の中堅選手NONA REEVES
永遠の王子様ミッチー及川
永遠の20代、いやアメリカでは10代?(設定いくつだっけ?)アミユミことパフィー。
あとは知らんが、今入ってきている情報では、来年デビュー10周年らしい。
俺なんかまだ1周年だよ・・・・。

がんばろ。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-26 01:37 | '00sあたり | Trackback | Comments(1)
HIGHWAY61、中島みゆき「ファイト!」を盗作していた の件。
うわ!?これは俺もてっきり許可済みのカバーだと思っていた。
昨今の才能薄いハイスタもどきの3流バンドが販売しているフォーク、ニューミュージックの
リスペクトあんだかないんだかわかんないカバー曲の氾濫のひとつだと思ってた。
で、俺的には例えば「贈る言葉」のカバーのあざとさより、「サヨナラの名場面」は、
ポップミュージックとしてよくできてると感心していました。
それだけにビックリです。
でもま、うーんでも、
別にこんなんいいんちゃう?とか思うな。
「灰色」なんか存在自体がパクリみたいなもんだし。
しかも、オリジナルより不細工なのがなんとも喜劇的。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-24 20:43 | POP I-DAYS | Trackback(1) | Comments(0)
タモリかよ。
ノーナのライブへ行った。(渋谷クアトロ)
後ろの雛壇へ陣取っていると、ジュンジがやってきた。
素の彼を見るのは初めてだったから、ちょっとドキドキした。
てっきりゲストプレイするのかと思ってたら、一観客として観ていた。

終演後、帰り支度をしていると、
メロウヘッド(exプレイグス)深沼さんがいた。
こないだショコラ&アキトのライブ会場で見たというのに連続登場。
理由はこのブログでも紹介したように、佐野元春の新曲に、
ノーナのコマ坊と共に参加した親交から。
ちなみにジュンジとの面識はないようで、挨拶は交わすことなく。

さてさてジュンジのブログが楽しみ。
書いてくれるといいな。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-23 01:32 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
有線から流れるのは。
仕事中有線放送を聴くのだが、夏過ぎからスーパーカーがよくかかる。
曲は殆どがファーストのキラーチューン系。HELLOとか。
昨日はストロボライツかかった。ノーナもたまーにかかる。
ハイロウズ活動停止の報が流れた翌日からは、
なぜかブルーハーツがよく流れた。ハイロウズより多くオンエア。
誰かがリクエストしているんだな。

ああそうだ。
おとといWEEZERで初めて新木場COASTのアリーナのごっつ前に位置して、
(ああ、この場所でスーパーカーの終焉を見届けた幸運なオーディエンスがいたんだなー。)
と、その様子を想像しながら、
俺は心でちょっとだけ泣いた。
もう二度と触れられない輝き。
それはまるで一度きりの青春のようなもので。
それはまるではじけてしまった後のシャボン玉のようさ。

今、このコラムは
今まさに輝く
フジファブリックの新譜を聴きながら書いている。
この星だっていつかは落ちるだろう。
命あるものの定め。

そして誰かがリクエストするんだ。
流れ星のような一発屋の歌。
繰り返し思い出す彗星のような名曲。

月が落ちそうだった
おとといの帰り道
赤くて上が欠けた月だった
なにかを暗示するものなのか?
気になった
c0016991_15113028.jpg
[PR]
by POP_ID | 2005-12-22 15:08 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
グループ魂にもれなく向井付き。
グループ魂at shibuya ax。
今回も爆笑と暴動の嵐だった模様。
ライブレポ読んでるだけでお腹いっぱい。
でも今は「下ネタ&毒ネタ」に浸りたくない気分。

向井登場で場内最高潮気味に。
炸裂する九州弁、ウケ狙いのトークとただの雑談の緩急。
シリアスとコメディーは表裏一体のカード。

向井さん、将来は清志郎みたくドラマの「味のあるチョイ役」になりそう。


ps.全然関係ないが、昨夜見た夢、「スライダーズ再結成」のニュース見て絶叫しました。
起きてガックリ、「夢オチか。。。。」残念。BOOWYもまた観たいなぁ。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-22 14:54 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
脚本とは別の・・・
「北の国から」には、「遺言」以降のストーリーが続いており、
現地で読むことができるのは、ファンならご存知のはず。
そこでは2人仲睦まじく暮らしているのですけどね・・・・・・・・・。

私は富良野に「夏」「冬」と通った、いっぱしのファンですけど、
(「秘密」ではエキストラで飛び入りして映ってます。(喜))
やっぱ残念ですね。
[PR]
by POP_ID | 2005-12-22 07:26 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)