<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
KISS CAFE -ロケットライド エスプレッソ-
KISSのカフェがオープン
オープン過程が見れるのがいい。
c0016991_23112827.jpg
そういやぁバリに行った時、ハードロックカフェ行ったな。
バリバリのライブパフォーマンスや展示されてる有名ミュージシャンのギターとか、
圧倒されました。日本の同カフェって入ったことないなー。どうなんだろ?
c0016991_2312357.jpg
kissの60%は夏は?ビキーニ♪で出来ています
kissの24%はお茶目がねで出来ています
kissの9%は天女トップスがキモ!で出来ています
kissの5%はあえてのチラ見せ!で出来ています
kissの2%はチラ見せ?で出来ています
[PR]
by POP_ID | 2006-06-30 23:05 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
甲斐さんからのプレゼント。
今年の記念品は・・・・・?
毎回もらった人をニッコリさせる、甲斐よしひろのファンクラブ更新グッズ、
今年は歯ブラシだそうです。
彼の温かなファンサービスには、サービス業に携わる者として感心します。
ライブが終わった後、会場の外にミラーボールを飾って見送ってくれる演出なんて、
感動もんでしたよ。
マーケティングの世界でも買わせるまでの行動だけじゃニ流なわけで、
買った後のアフターケアまでが充実して初めて一流と呼ばれる。
紳士服のAOKIだってレジで接客は終わらない。
たとえマニュアル行動でも、やっぱ嬉しいものです。

甲斐よしひろの95%はギャップSEXYで出来ています
甲斐よしひろの5%はエイトニキータ!で出来ています
[PR]
by POP_ID | 2006-06-30 02:21 | '00sあたり | Trackback | Comments(1)
あえてのニキータはすごい。
艶男はアデオス。  
艶女でアデージョ。
鼠女でトッポジージョ。
蹴球女でロナウジーニョ。

2年前からすごかったようだが、さすがに俺は知らんかったさ。

艶女分析はここ
>POP-IDの99%はコンガリータで出来ています
POP-IDの1%はホソッ!スラッ!長ッ!の黄金比で出来ています

>ラヴタンのエリの82%は脱・パールで出来ています
ラヴタンのエリの8%は天女トップスがキモ!で出来ています
ラヴタンのエリの8%はスリーニキータ!で出来ています
ラヴタンのエリの1%はナイス艶女♪で出来ています
ラヴタンのエリの1%はあえての赤!で出来ています
[PR]
by POP_ID | 2006-06-30 01:47 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
佐野元春、アルバムを語る。
http://www.moto.co.jp/works/guide/
嬉しい。音楽を語る佐野さんが好きだ。
佐野さんが語る音楽論が好きだ。

>人々は本当のオリジナルを聴きたいと思っているんだけれども、本当に真のオリジナルな何かに触れると、言葉を無くしてしまうものなんだ。適度に何かっぽいほうが、人々は自分の手のひらに乗っけられるから楽しめるんだね。でも、真にオリジナルのものだと、みんな手のひらの上に乗っけようとするけど、すぐに机の上に置いてしまう。

>ポップ音楽が10代だけの楽しみに留まっているものではなく、表現としてものすごく可能性のあるアートフォームなんだということを日本で初めて示し、商業的にも成功した。

こう本人に言われたら、
もう
こんなブログなんかいらない
んだけどね・・・。(苦笑

>日本語のロックは米英の音楽をフォーマットにする限りどこか翻訳的な無理がつきまとう。その無理を承知で自虐的に戯れる作家もいれば、マジメに取り組む作家もいる。自分はその中間だ。

自虐的に戯れるのは桑田佳祐を挙げないわけにはいくまい。
マジメに取り組むのは長渕剛となるか。
ミスチル桜井は昔は言葉遊び豊かだったけど、今はどうだか分からない。
[PR]
by POP_ID | 2006-06-29 21:10 | '00sあたり | Trackback(1) | Comments(0)
NIKITA最高!から、音楽を暑く語る脱線コラム。
日本の産業ポップシーンが手抜きを重ねている間に、
雑誌界が突き抜けた!
まいったよ電車の中吊り、

柄美女

と書いて、

ガラージョ

ときたよ!(大笑い)
すごいよ、ニキータさん。
降参しちゃうよ!!

日本産業音楽シーンの質的低迷。
それはすなわち冒険の許されない市場環境の産物ともいえる。
大会社はリスクを取れなくなってきた。
だから無難に売れそうなくっだらないもんしかリリースできない。
才能なんていらないんだ。
売れ線とプロモーション。
それさえあればなんとかなるさ。
作り手のポリシー?邪魔なだけだね。
プロデューサーの言うこと、よくきけるいい子ちゃんでいい。
「そんな子いない?」
って、
某独立プロデューサーに声をかけた奴が実際にいたって。
「ふざけんなっ!」
って、怒鳴ったってさ。
勝者となんて呼ばれなくていいさ。
聖者を気取る気なんてないさ。
ただ、
音楽が
スキナダケ。
[PR]
by POP_ID | 2006-06-28 21:36 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
ミキにとってのスーパーカー。
ソロコンサートで「ストロボ」やっちゃうって度胸、
けっこうインパクトあった。
[PR]
by POP_ID | 2006-06-27 23:38 | SUPERCAR | Trackback | Comments(0)
girl it's you
やっと買ったアルバム。
歌詞読んだ。

桁が違った。
涙と血と愛の味がした。

聴く前からベストアルバム。
これ以上言うこともない。

2006年
ノーナのポップスと
エリのロックで
決まりだ
[PR]
by POP_ID | 2006-06-27 23:30 | eli,shy&エージ | Trackback | Comments(3)
CDというモノ。
モノに執着しないのがイマのトレンド。
持たない暮らし、ロハスな感じ。
シンプルライフバンザイ、持つより借りる、スペースを生かす。

わかってるさ
それは確かさ

でも今日帰り道で寄った古本屋のCDラックに
小沢健二の「犬」の初回盤を見つけて
思わず手にとって帯を見て読んで
今は無機質なジャケだけど、当初は彼の姿が写ってて
そんでやっぱ「あの頃」を思い返して

泣きそうになったこと

わかってくれないか?

ああそうだ、
「一生モノ」なら
大切にすべきなんだ
[PR]
by POP_ID | 2006-06-24 21:43 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
二人三脚、元パカタッグ。ミキ&ナカコー。
フルカワミキ ライブメンバー、
勝井祐二(Vio/ROVO)、中村弘二(Gr/iLL)、宇田隆志(Key,Gr.)ナスノミツル(Ba.)、
吉村由加(Dr./METALCHICKS)
[PR]
by POP_ID | 2006-06-22 21:43 | SUPERCAR | Trackback | Comments(0)
HIGH-LOWSの2人。
こないだシャイさんのバンドのライブの対バンのゲストで元ハイロウズの大島さんが出て、
同じく元ハイロウズの調さんと新バンドを組んだとの情報を得ました。
大島さんといえば2・3’Sでもおなじみでしたね。
[PR]
by POP_ID | 2006-06-22 17:40 | '00sあたり | Trackback | Comments(1)