<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ルイ・フィリップ来日。
4.12. Vostok Cafe Vol.1 手記(3)
ラストで"You Mary You"の合唱ハプニングは、想定外(本人的に)。
聴けた&歌えた観客は幸せの極地。
秋にまたアクションプランがあるそうなので、ここはひとつ堪能させていただきたいもの。
真に良質なポップミュージックが市場価値から外されているこの国では、
彼の(彼にとっての)”ナツメロ”すら黄金。
[PR]
by POP_ID | 2007-04-29 14:44 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
小さな初夏のフェスティバル。(上野にて)
LOVERS FESTIVAL 6/23@上野水上野外音楽堂
朝日美穂、ショコラ&旦那 etc....now onsale ¥2500
[PR]
by POP_ID | 2007-04-29 14:27 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(2)
アヴリル・ラヴィーン
なんかベックにしろこいつにしろ、
邦楽の影響を感じる。
で、大好きです。
ガルポ(girl's pop)ファンのツボにドンピシャ!(死語)
いやさ、トミーが拝借してるのはもちろんとしても、
でもやっぱ、この音の感触はホント邦楽だってばさ。
で、大好きです。
もう今年はこれと、ムーディさんでいいくらい。。。

(曲リスト/アルバムが待ち遠しい・・・)
右から来たものを左へ受け流すの歌
上から下へ落ちてくるものをただただ見ている男の歌
数字の6に数字の5を足しましたの歌
2日前から後頭部に違和感を感じている歌
ただきのこのことを歌った歌

[PR]
by POP_ID | 2007-04-28 00:22 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
一考察。
47秒でじゅうぶん。
半分同意。
[PR]
by POP_ID | 2007-04-08 22:59 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
コーネリアス、渋谷AX
前回の恵比寿に続いての観覧。
前回よりも会場が広く、追加公演でもあるからして、
今回は余裕を持って観られると思ったが裏切り。。
とんでもない超満員でした。
まさにすし詰め状態。2階が羨ましい。
地方は知らないが元・渋谷の帝王、今じゃボーダレス&エージレスなアーチストとして
東京では強い。※ギターでジュリーの「TOKIO」のイントロフレーズを弾いてた。。
タイトルは
CORNELIUS GROUP “SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW”
何がシンクロナイズドかというと、演奏と映像がだ。(舞台背後にスクリーンがある)
見事に調和してしかもアドリブ(インプロビゼーション)も加わっているから素晴らしい。
その場で撮影した観客の姿をサウンドと共にヴィデオスクラッチしたり、
観客を上げてテルミンを演奏させたり、まぁそこらの若手演歌ロッカーたちや、
J-POP村の懲りない商人たちには逆立ちしても出来ない、
至高のパフォーマンスでした。
「真に良質なポップ・アート・ミュージック」って感じた。

ステージ上のLEDでのライトアップにフリッパーズ時代からの時の流れを感じ、
ヘッド博士ツアーでの映像+へっぽこ演奏&歌唱からの成長ぶりも嬉しく感じ、
しかしスターフルーツ聴きながら俺はしかし、
「ここで隣に小沢がいて、ギターをかき鳴らしてくれたらいいのに・・・。」
と思ってしまった。本気でそう思ってしまった。
この曲は「ヘッド博士」アルバムの延長線上にあるから。
いや単純に「フリッパーズっぽい」と告白した方がラクかな。

村社会からはみ出している音楽。
小沢と小山田の新作。
できたら小沢さんにも、生で触れてみたいものです。
MUSICを聴きながら、俺は
「MUSICって何?」と彼に問われている気がした。

ずっといろいろと考えながら聴いていた。
そして俺は願わくば、
「いしわたり淳治と組んでくれないかなぁ・・・。」と。
決して詩人ではない小山田に、天才いしわたりの言葉が加われば無敵。
かつての盟友・小沢とのコンビを上回れるかもしれない。
どちらも「前進」を旨とする2人だから。
10'sまで待てない。
00'sのうちにお願いします。
俺の音楽心は賞味期限が切れちまってる・・・。
[PR]
by POP_ID | 2007-04-07 01:20 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)