<   2007年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
結局同じ事を考えていた。
小沢健二の考えていること。へのブロガーさんの解釈。
「なんでハンバーガーが100円なのか?」
「シェイクが100円なのか?」←捨てずに再利用してるから・・・・・。
グローバル経済という心地良い(良くない!)真綿に包まれた搾取の現実。
僕らはそれに加担しているという自覚。
勝ち組ではない僕は貧者のレストランで、安い食事を取る。
それがさらに貧しい国を痛めつけているのだ。

もう何十年も前の歌を引用しよう

♪弱い者達が夕暮れ さらに弱い者を叩く
 その音が響き渡れば ブルースは加速していく

僕らはいったい何を買っているんだ!?

昔、ニューエストモデルがフリッパーズをライブに呼んだ。
それは当時は意味不明だったのかも知れない。
ロックVSポストロックという対峙図においては。
しかしこうして小沢健二が、「灰色」ってやつを炙り出しているのを見れば、
今のソウルフラワーユニオンとの連携すら、不自然でなくなる。
[PR]
by POP_ID | 2007-11-30 22:42 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
まだだったっけ?(佐橋さん、松さん)
そういえばまだ結婚してなかったんだ。
世間的には「誰?それ?」な佐橋さん。
ある意味、ノリカ&ジンナイ的に扱われそうであるが、
まぁとにかくゴールイン間近との報道もあり、
どうぞお幸せに。ということで。

佐野元春監修のコンピに収録された
「僕にはわからない」
が好きです。
[PR]
by POP_ID | 2007-11-30 21:42 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
小沢健二。
定款変更 小沢健二さんとご飯西成を歩く 急遽上演会はじまる

「小沢健二」でグーグル検索していくと、それなりに近況は拾えます。
音楽紡ぎの旅から、思想紡ぎの旅へ移行したようです。
僕は音楽ファンなので、彼の思想にいちいち反応はしてられません。
もちろん「今」をどう生きるかについて、日々考えることはあるけど。
小沢教の信者にはなるつもりはないし、
彼の「文章」を逐一読破する予定はないです。

ただ会えるなら、ちょっと話してみたいね。

そんだけ。

PS.いや、演奏はあるか。


名前 小沢健二、エリザベスコール
場所 ROOMS
開場 2007年 11月 15日 (木曜日) 18時30分 (GMT+00:00)
開演 2007年 11月 15日 (木曜日) 19時00分 (GMT+00:00)
詳細 映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い
作・語り・生演奏:小沢健二、エリザベスコール
料金2,000円 ☆ドリンク代別500円
[PR]
by POP_ID | 2007-11-27 22:19 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
君が気高い孤独ならPVに寄せて。
日常に潜む奇跡
一般人の持つ一瞬の輝き
スターじゃなくていいんだ
僕らは一般人を謳歌している
誇りすら持って

そこにジャストなタイミングでスポットを照らした
元春の美しいPVを賛辞します!

♪通りは日差しに満ちて暖かく
僕らにはこの音楽がすぐそばにある

♪死ぬまでにたった一度だけでいい
思い切り笑ってみたい
陽の当たる大通りをアステアみたいにステップ踏んで

あ、↑はPVはPVでもピチカートファイブね。
[PR]
by POP_ID | 2007-11-27 22:01 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
犬は静かにキャラバンを進める・・・。(小沢健二・近況)
拝啓 小沢さん
ご無沙汰しております。
風の噂はこちらにも届きました。
日本縦断、充実していますか?
もちろん貴方が、この手紙を読むことは
決してないのですけど、
万一お会いできたなら、
直接お話いたしましょう。

あの日のことではなく、
今のこと、これからのことを。

真に良質なポップミュージックについて、
訊いたら答えてくれますか?

ではお体に気をつけて。
ごきげんよう。

いつかまた。
それが近いなら嬉し。
遠くともまたいつか。

POP-ID
[PR]
by POP_ID | 2007-11-26 22:34 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
清志郎復活祭。
なんと!?
こちらもチケットが取れた!
野音より大きいけど、すんなりと取れた。
ぴあの年会費を数年間ドブに流していたが、
ここでようやく役に立った。

席が分からないが、
ま、それは二の次。
ファン倶楽部が良席であるべきですから。

ぴあの記事がショックだった。
最初の医者は「喉切るから、声はなくなります。」と言ったそうだ。
もちろん清は断った。
そして3番目の医者が治してくれたそうだ。

医者もあてになんね。
一人目で諦めることなかれ。
俺もそうなったらそうしようと思う。

清。
ライブ観るのはlove jets以来だ。
何年経ったか分かんない・・・・・。
泣かないようにしよっと。
笑ってよっと。
[PR]
by POP_ID | 2007-11-23 03:15 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
sweet soul,not soldout 佐野元春。
2007年最高のアルバム「COYOTE」を携えて、
待ちに待ったツアーが始まる。
期待された”オリジナルメンバー”ではなく、
いつもの”オリジナルメンバー”でのツアーとなったが、
それでも多くのリスナーに絶賛されただけに、
チケ取りは困難かと思われた。
少なくとも、ここ数年彼のライブに行っていない自分には、
会場の入りを想定する材料に乏しかったのだが・・・。

しかし現状。
初日の伊勢原は1F8列目が空いているという状況。
自分は10列目を押さえたのだが、なぜか前の列が出てきた。
キャンセルが出たのだろうか。

そしてかつて『聖地』とされた神奈川県民ですら、
即完はおろか完売は1F席のみという状況。

もはや佐野元春のライブはプラチナチケットではないという現実。
それはこれまでのライブアクトに多くのオーディエンスが、
満足できなかったことを意味する。

今やかつてのライオンはいない。
老いてなお輝くいぶし銀のコヨーテの歌。
本物ならば届くはず。

勝負だ、元春。
待ってるぜ。

More
[PR]
by POP_ID | 2007-11-23 02:58 | '00sあたり | Trackback | Comments(2)
濃厚な時間。
たった3曲で、お腹いっぱい。
傷口から滴る歌はただ、
渋谷の希薄な空気を裂いた。

哀れな国の哀れなシーン。
そんなの関係ねぇ。
俺には彼女の歌がある。

eli 渋谷HMV インストアライブ 11.22
[PR]
by POP_ID | 2007-11-23 02:45 | eli,shy&エージ | Trackback | Comments(0)
eli、デビューアルバム「rita」
>蜂蜜と猛毒のてんこ盛りのeli
蜂蜜と猛毒のてんこ盛り作品「rita」

表裏一体の彼女。
打たれるのは誰?
撃ち抜かれるのは何?

ハチミツとクローバーじゃない。
ハチミツとモウドク。

怖いけど、聴きたい。

(もう売ってるけど・・・)

※一部店舗では完売とのこと。
[PR]
by POP_ID | 2007-11-19 21:38 | eli,shy&エージ | Trackback | Comments(0)
ラーメンの季節。
たしかめよう、みつけよう!

最近これといった新しい味に会ってないな。
冬はラーメンの季節。

ビークルってかっこいいね。
[PR]
by POP_ID | 2007-11-16 22:44 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)