<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
多摩蘭坂Tシャツ
多摩蘭坂には訃報の後、初めて行った。
葬式には海外出張中でどうしても行けず、
終わった後の雨の日に。
たくさんの花と言葉があった。
ま、これはその時の記念だ。
一応誰でも買えるんで、、、貼っとく。
清志郎のお墓に供えるのもいいかな。俺の着古しじゃだめか、、、
c0016991_23191628.jpg
http://www.upsold.com/dshop/mygoods/thewhys/b/22364

「愛しあってるかい?」もあるんで、ま。
[PR]
by POP_ID | 2011-04-25 23:20 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
忌野清志郎-愛しあってるかい?-Tシャツ
お墓参り用に作った忌野清志郎 -愛しあってるかい?- Tシャツ。
踏ん切りがつかなくてまだ行けてない・・・。
一応誰でも買えるんで、ま、、、いねぇーだろけど。貼っとく。
c0016991_2311790.jpg
http://www.upsold.com/dshop/mygoods/thewhys/d/183076

多摩蘭坂も作ったんで、ま。
[PR]
by POP_ID | 2011-04-25 23:15 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
内田裕也、コスプレセット
生涯現役R&Rスター、裕也さんのコスプレ用。





DISってないよ。リスペクトっす。
[PR]
by POP_ID | 2011-04-23 17:26 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
雑感
絵に描いた餅のようなチャリティソング、
10代の殴り書きのような反抗歌。
アーチストを名乗るなら、もうひとつ上の作品が見たい、聴きたい。

右利きのプロ野球ピッチャーが左手で投げたような
やっつけ仕事を音楽に関して見たくはないものだ。
急ごしらえのチャリティーソングたち。
[PR]
by POP_ID | 2011-04-15 23:02 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
MOLICE PHOTO
8BEATに飢えている
だからモリスがヒツヨウなんだ
3rdアルバム早くクレ
c0016991_455939.jpg
[PR]
by POP_ID | 2011-04-14 04:05 | neo10'sあたり | Trackback | Comments(0)
悪魔たちの歌
おびただしい数の人柱の上に建つ堅牢な城の中で
今夜も秘密の宴が行われている
安全に人を殺す方法を想定しうる限りで生み出すのが仕事
心は汚しても手は汚さない

俺の血は他人には輸血しない。

本当の安全は金で買うのだ
そしてその金は人柱と引き換えに湧いて来るのだ
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:59 | ROCK WORDS
人殺しの歌
俺は国の基準通りにやった
俺は国の基準通りに人を殺し
会社の規定通りの退職金をもらって
優雅な余生を過ごすのだ
文句あったら法廷に来い!
いくらでも相手してやるぜ!
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:56 | ROCK WORDS
2011412
そこらじゅうにいる俺の分身
痛みは共感しない
悲しみは共有しない
言葉は羽毛のベクレル
フィルター通せば無害
ひとつになって頑張れ
絆を諦めないで
段々酸が溜る
もうすぐ裂けてしまう
消化しきれない毒素
消火しきれない焔
天から地獄が降る
恵みの雨を汚す
母なる海に虐待された名も無き孤児を襲う
そこらじゅうにいる俺の分身
憎しみを充満させ
怒りを増幅させ
暴力と言う名のバルーン掲げて砦に向かってく
失った父の誇りを片手に砦に向かってく
砦に向かってく
トリデニムカッテク
ヒトリデニムカッテク
ヒトリデムカッテイク
ヒトリデトリデニ
ヒトリデトリデニ
ヒトリデニムカッテク
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:49 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
有事に耐えうる強い歌
内田裕也が頑張っている。
泉谷しげるが頑張っている。
斉藤和義も替え歌で頑張った。
草野マサムネは倒れちゃった。

裕也は拡声器で「POWER TO THE PEOPLE」を歌う。
泉谷はキヨシローの「サマータイムブルース」を歌う。
だけどやっぱり圧倒的な何かが足りない。

有事に耐えうる強い歌が欲しい。 
余震なんかに負けない根っこの強い歌が欲しい。
デモの参加者が誇りを持って意気揚々と歌えるような歌が欲しい。
歌は世代を超えて人と人とを繋ぐものだったはずだ。
世界を変えられなくても個人の意識と行動に影響を与えるものだったはずだ。
個人が集団を作り、集団が社会を作る。そして社会が国を築くんだ。

散々嘘をついたけど、俺は音楽が無力だなんて思わない。
ただ諦めかけてただけだ。
本当の瞬間が来た以上、望むものはただひとつ。
そしてそのポジションはがら空きだ。

失われた10年だったと人は言う。
このままでは底なしの20年になる。
羽毛のような励ましはいらない。
敵はプルトニウム。
廃れない歌が必要。
[PR]
by POP_ID | 2011-04-13 02:34 | MUSIC | Trackback | Comments(0)
DAYS
灰色に焼けた空が僕らを見下ろしている
空は何も言わない
ただ一点を見つめてまばたきをしている

灰色が溶けた海が僕らを見上げている
海は何も言わない
ただ手招きをしてため息をついている

そんな夢を見かけた
[PR]
by POP_ID | 2011-04-10 04:30 | POP WORDS INDEX | Trackback | Comments(0)