<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
800万画素ミニカメラ「小っせいなぁ~CAM」
ガキの頃、貴重なライブ音源を録音しようと、
こそこそ隠して持ち込んだものです。
いや、そういう道具じゃないか・・・
ちょ待て、じゃあ何に使うんだ?この小ささ?
800万画素ミニカメラ「小っせいなぁ~CAM」DX

800万画素ミニカメラ「小っせいなぁ~CAM」DX
価格:5,980円(税込、送料別)





[PR]
by POP_ID | 2011-06-30 23:39 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
好きな曲でウェイクアップ! MP3 Clock DX
好きな音楽を入れて目覚まし音に設定
音楽データは最長12分まで転送することが可能
関係ないが今日HARD OFFであややの目覚ましクロック見つけた



[PR]
by POP_ID | 2011-06-30 23:23 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
SOUR 日々の音色
今テレビ「ゴッドタン」で見た。

http://listen.jp/store/artword_1173674_94991.htm

歌詞について

SOUR OFFICIAL SITE
[PR]
by POP_ID | 2011-06-23 00:31 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
Nelories - Keith
なんだろう?
このメロディの泣き要素過剰放出
理由分からず・・・

ネロリーズ作品中屈指の美メロのひとつ。
GIRL’S POP MANIAマストです。
[PR]
by POP_ID | 2011-06-19 01:22 | NELORIES | Trackback | Comments(0)
Kazmi with Rickies - Hugs
どこぞの国の外人さんが、J-POP神推ししてくれはる。:)



原発忘れる3:55間の安らぎ。
[PR]
by POP_ID | 2011-06-19 01:14 | NELORIES | Trackback | Comments(0)
2011.6.18
飲めない水と知らずに泳ぐ
喰えない魚を釣り上げて
無理やりキスをした後に
針をちぎって逃がすのさ
火を囲み肩組んで合唱しよう
この夜もどうせ終わるんだから
朝ばっかり朝ばっかり俺を責め立ててくる
もう数も数えられない
血の中で両手が燃えている
[PR]
by POP_ID | 2011-06-18 04:08 | ROCK WORDS | Trackback | Comments(0)
ロックンロールは鳴り止まないっ 神聖かまってちゃん
ちょっとまじめに勉強しようと思うしかなかった。
ナンバガ初見くらいのインパクトある。

格闘ゲームに「死体蹴り」って行為がある。
説明は省くが、フリッパーズ・ギターが一度殺した日本のロックを、
死体蹴りしてる図が浮かぶ。蹴って蹴って墓穴に入れる。
それが正しいロックの世代継承なのだ。
[PR]
by POP_ID | 2011-06-18 03:45 | neo10'sあたり | Trackback | Comments(0)
23才の夏休み 神聖かまってちゃん
ロックが終わった季節に奏でられたロック。
これは今の10代に刺さるわ。歴史知ってるオッサンにも刺さるもん。
オールナイトでお前とダンシングぅー♪なんて死ねよと言い切れる新世代のロックだな。
素晴らしすぎて泣けるわ。

22歳の別れ/風~夏休み/吉田拓郎~夏色/ゆず
~23才の夏休み/神聖かまってちゃん という大河。
何も待っていない夏へ。
絵に描いた青春も約束された未来もない時代に歌われた楽曲。
[PR]
by POP_ID | 2011-06-18 03:42 | neo10'sあたり | Trackback | Comments(0)
死にたい季節 神聖かまってちゃん
強く生きなきゃと思うんだと歌った尾崎が死んじまった後、
日本のロックにカリスマは生まれなくなった。
でも、僕は死にたいと歌うことで、ロックは再度リアリティを取り戻すことができた。
の子の出現は歴史上重要。

[PR]
by POP_ID | 2011-06-18 03:39 | neo10'sあたり | Trackback | Comments(0)
toddleの@__hisako 文士の非凡な才能
聴きたい歌がありますとか、軽く手を振ってさよならって文章は、
歌の最後に配置するのが普通の作詞作法。
toddleの@__hisako 文士の非凡な才能には
毎度ピンポイントでこめかみを打たれる。
[PR]
by POP_ID | 2011-06-18 03:37 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)