「ほっ」と。キャンペーン
タグ:THE BLUE HEARTS ( 21 ) タグの人気記事
BEAT CHILD1987
俺は昨夜、二十歳(はたち)の俺と再会した。
ステージ上にいたのは紛れもない俺の分身。
俺はあの瞬間、放たれるロックの音粒のひとつだった。

http://www.beatchild.jp/


ハリーが腰に手をやって歌ってる
「イッテマスカー!?」の懐かしいMC
シャケがカカトでリズムを取ってる
ホンキートンキーで布袋と氷室が間奏で膝アゲダンシン
ヒロト&マーシーは相変わらずだけどやっぱまだ青かった

やせっぽちのおかもっちゃんのキレキレの動き
くしゃくしゃの尾崎の笑顔とシャウト

全てが過ぎ去った季節の残像
俺もまた老いて人生の後半をゆく

花は散れども実は残る
そして種は次世代の命を繋ぐ

音楽よ鳴り響け
いつまでもいつまでも
[PR]
by POP_ID | 2013-10-27 18:05 | '80sあたり | Trackback | Comments(0)
チェルノブイリ - THE BLUE HEARTS

[PR]
by POP_ID | 2011-03-23 23:37 | '80sあたり | Trackback | Comments(0)
選り抜きツイッター(スチャダラ祭at野音)
POP_ID
「昔に戻った」日比谷公園、すごい数「小沢おかえり!」のデモ隊 !みたいな。www
3:12 PM May 11th webから

POP_ID
今、「日比谷 小沢」で検索したら・・・あちゃー(汗 >>>「昔に戻った」日比谷公園、
すごい数「小沢やめろ!」のデモ隊
3:07 PM May 11th webから

POP_ID
UAのカバーアルバムのタイトルは「カバ」>HIS「夜空の誓い」では、
甲本ヒロト、細野晴臣と共に。
12:05 PM May 9th webから

POP_ID
今日SDP20周年感謝祭。オープニングフリーライブを小の方で。
まさかの○○ケンの期待だけど、それはむしろ本編でしょ?出ると思うよ、普通に。
11:43 AM May 9th webから
[PR]
by POP_ID | 2010-07-26 23:04 | POP I-DAYS | Trackback | Comments(0)
永ちゃん還暦ドーム
こないだのジュリーに続いて、
還暦パフォーマーの元気な現役姿。
ゲストにヒムロックとヒロトとマーシー。
素晴らしい瞬間。
[PR]
by POP_ID | 2009-09-20 13:46 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
ちくしょー観たかったぜ。清志郎のドラム。

これも夢の競演だったぜ。。。

で、マリちゃんでしめるぜ。

[PR]
by POP_ID | 2009-08-18 00:31 | '90sあたり | Trackback | Comments(0)
2009フジロック/忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ
http://ro69.jp/blog/fujirock09.html?10
http://ameblo.jp/shigeru-izumiya/entry-10307714786.html
http://www.fujitv.co.jp/otn/char_guitarmuseum/museum10.html

(SETLIST)
イントロ/「田舎へ行こう」と共に自転車で会場入りする清志郎の姿が映像で流れる。
続いて「Welcome Back 忌野清志郎」の文字が。
SMASH代表日高さんがステージへ上がり、
「雨は上がったかい?」
「今日は苗場ロックンロールショーに来てくれてありがとう。最初のロックンロール
スターを紹介しましょう。泉谷しげるです。」 と紹介。

泉谷しげる/「2時間35分」を歌い始めるが、
”こんな(キーが高い)歌がうたえるわけがない”とやめて、「シュー」に変更するも、
やはり途中で「たけぇー!」と中断。それでも歌いきると、
「忌野は死んじゃいないぜ。俺が殺さねえぜ。あいつはずっとずっと、お前達の中にいるぜ!」
と、言ったところで、頭の横あたりを叩かれた感じで「痛てっ!何するんだよ」と、
清志郎からの突っ込みジェスチャーを入れた後、
「忌野清志郎スペシャルメッセージオーケストラ最後まで、盛り上がっていこうぜ!」 で締め。

ブッカーT&ウィルコ・ジョンソン&スティーブ・クロッパー登場。
「Thank you. 日本には何回も来てますが、FUJIで演奏するのは初めてです。
ここにGreat man、Great entertainer清志郎へのトリビュートのために来ることが
できて光栄です。彼はリズムアンドブルースが大変好きでした。
彼の好きだった曲をやります。」という主旨の挨拶。 (スティーブ・クロッパー)
「Midnight Hour」
「Dock of the Bay」

「GODが降りてくる~!今夜、苗場に、GODが降りてくる~っ!!GOD!
58年以上生きている!!GOD!!100年経っても死なない男だ~っ!!」
「今夜苗場にGODが現れる~っ。紹介しましょう、Nice Middle with 
New Blue Day Horns!そして・・・King、God、夢助、
Mr.フジロックフェスティバル、忌野清志郎~!!」
凄まじい歓声の中、ドラムロールが響き、スクリーンに清志郎登場。
「アツいぜベイベー!アツいぜフジロックベイベー!ご機嫌だぜ、イエイ。
今日は俺んちだと思って最後まで楽しんでってくれ、頼むぜ~っ!!」。
清志郎からNice Milddle with New Blue Day Hornsのメンバーの紹介
が行われ、それぞれが応えた。
清志郎本人からの「JUMP!」曲紹介から、過去のフジ出演時の歌&映像と共に「JUMP」。
3万人が(X JAPANもびっくりの?)清志郎ジャンプを見せる。

Char/「ロックンロールショー」ピンクのカウボーイハットが格好よすぎ。
途中”ロックンロールショー”を”忌野清志郎ショー”と変えて歌った。ダンサー(奥さん!)も登場。
浜崎貴司とYO-KING/「デイ・ドリーム・ビリーバー」
浜崎貴司が「みんな、一緒に歌おうぜ、Day Dream Believer!」と、
客席に声をかけて1番を歌い、2番をYO-KINGが歌いました。もちろんサビは2人のハモリで。
UA&梅津和時/「スローバラード」凄まじきインプロビゼーション。間奏中”キヨシー!”と。
トータス松本/「Baby何もかも」目を閉じての熱唱。
「トータス、カムバック」と三宅が呼んで、戻ってくるお約束の再現も。

ヒロト&マーシー登場。
ヒロトMC「ロッケンロール!」 →「REMEMBER YOU」
ヒロトMC「間違えちゃった・・・(小声)」
ヒロトMC「ロックンロールは死にませんよー!世界中の子どもたちが泣いたり
笑ったりする限り、ロックンロールは死にませんよー!!!
泣き喚いてください、大声で笑ってください。ロックンロールは死にませんよ。」→「気持ちE」

仲井戸"チャボ"麗一with清志郎'sエスクワイヤー/「いいことばかりはありゃしない」
このギターはもともとは旧RCメンバーの春日博文から清志郎が譲り受け、
屋根裏時代に、あの「RHAPSODY」ライブでチャボが「雨あがり」を弾いたギターでもある。
さらにボディにはスティーブ・クロッパーのサインがある。
まさに歴史の証人であり、清志郎の遺品としても超A級の品物。
この日のためにチャボは、清志郎の家族にこれを借りにいったという。

チャボwith Leyona,CHARA/「君が僕を知ってる」
Leyona MC「愛し合ってるかーい!みんなでキヨシローの歌うたってこうぜベイベー!」

清志郎MC
「ご機嫌な夜だったぜベイベー。世界中はとても乱れてるけど、21世紀は平和になんな
かったけど、今日このグリーンステージにこんなにたくさんの人が集まってくれた。」
「みんなに聞きたい事があるぜベイベー!みんなに聞きたい事があるぜベイベー!
愛し合ってるかい!?Everybody say Yeah! イエッて言えー!」
「オーイエー!フジロックベイベ-!!」

全員&画面の中の清志郎/チャボのイントロ、Dのコードから「雨上がりの夜空に」
演出でステージから金色のテープが飛ばされ、そこには
「MR FUJI ROCK FESTIVAL」と書いてあったそうです。

(アウトロ)/「Oh! RADIO」が流れても誰も帰らない。
スクリーンには自転車で一足先に苗場を後にする清志郎の姿。
最後に「FOREVER 忌野清志郎」の文字。会場全員の拍手。

*******************************************************
画面の中なんかにいないで、
出てくればいいのに。
清志郎、どこ行っちゃったんだろう?
こんなステキな夜に、
君を呼んだのに。
[PR]
by POP_ID | 2009-07-26 00:38 | '00sあたり | Trackback | Comments(4)
【忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ】
 【忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ】出演決定!
 『フジロックフェスティバル'09』

7/25(土)GREEN STAGEに、

【忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ
NICE MIDDLE with New Blue Day Horns】

が出演決定!

仲井戸“CHABO”麗市 / Leyona / Chara / 甲本ヒロト / 真島昌利 /
トータス松本 / UA / Char / WILKO JOHNSON & NORMAN WATT-ROY /
BOOKER T. / 泉谷しげる

鳥肌を通り越した衝撃のメンバー。
感動すぎる。
名前だけで、感動だ。
[PR]
by POP_ID | 2009-06-17 19:31 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
ああ・・・河ちゃん。。。。
知れば知るほど、知る価値が無いことに気づくトンデモカルト集団。
ああ、愛するバンドのメンバーが・・・・今や顔として選挙戦に・・・・。
自由は保障するけれど。
[PR]
by POP_ID | 2009-06-01 01:07 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
忌野清志郎&甲本ヒロト「Remember You」
悲しすぎて笑っちゃう。

[PR]
by POP_ID | 2009-05-31 00:00 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
梶原徹也(元ブルハ)、かしわ哲/清志郎さん、本当にありがとう、ありがとう、ありがとう!!!!!
>高校3年の文化祭、生まれて初めてのライブの
ラストの曲は「雨上がりの夜空に」でした。
移動中の水中翼船の中、お疲れにも関わらず、
アルバム「BLUE」のレコーディング・エピソードを
話して下さいました。
サルサガムテープとの出会いも、清志郎さんに
導いていただきました。
ドラマーズでの、清志郎さんと新井田耕造さんの再会!!!
こんな場面にいて良いものか、
本当に嬉しかったです。
そして、サルサガムテープでの
「ONABE」共作&レコーディング・・

数え上げれば切りがないのです・・・
こんなにもお世話になりっぱなしなのです・・
告別式にも行けず・・・・・

本当に本当に本当に、ありがとうございました。


サルサガムテープ リーダー・かしわ哲から
メッセージが届いていますので掲載します。

「: 雨上がりの夜空から星が消えて…

訃報が入ってから今日まで、羅針盤を失った船さながの無軌道な日常を過ごしている。あなたはまさしく星だった。あなたが雨上がりの夜空に輝いていたから僕はそれをたよりに、この世界をなんとか旅してこられた。尊敬と憧れと希望をいついかなる時も与えくれる人物など、世界にそう多くはいない。清志郎さん、あなたが颯爽と前を走っていてくれたから、僕はロックンロールを信じて邁進してこられたのです。本日の告別式では本当に多くの人々が同じ喪失感を抱いてあなたの名曲を全身で浴びていました。あらためてお礼のメッセージをサルサのHPに掲載させていただきますが、サルサに愛をいっぱい下さり、ほんとうにありがとうございました。ONABEは僕たちサルサの宝物です。大切にいつまでも歌い続けます。そしてあなたの横で「雨上がりの夜空に」のギターを弾いた夜は、輝かしい記憶として、僕の人生をこれからも明るく照らしてくれることでしょう。でも、まだ僕は、あなたの死を現実の事として受け入れられないでいます。情けないほど途方に暮れています。

かしわ哲」

心からのご冥福をお祈りいたします。

梶原徹也

http://kasinoki.blog.eonet.jp/default/2009/05/post-8f03.html
[PR]
by POP_ID | 2009-05-17 02:02 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)