おはようオーパーツ/相対性理論(シフォン主義)
やくしまるのボーカルに銀色夏生のプロデュース作品「バランス」の
ボーカルを思い出すのだが、歌詞の性質が全く違うのでなんとも。

ムッシュかまやつがカジヒデキの歌詞を見て
「言いたいことは特にないみたいだね。」と言ったわけだが
果たしてこの「おはようオーパーツ」を聴いてどう言うか?
ま、ビートルズだって言葉遊びはしてましたけど
kuraberu レベルじゃないって おいおいそんなん一兆も承知でさー

SUPERCARのじゅんじ君は”意味がないようであるようでそれでいてメロディに
負けていない”秀逸な歌詞(例:ストロボライツ、YUMEGIWA LASTBOY)を
残したが、果たしてこの歌はどうか。

意味はどうにも読み取れないけど、
何故か口ずさむ”口ずさみマジック”はかかっているな。
OPQRUVってついつい・・・・

アルバムの流れ上、前の曲に続いて現れる邪魔な男性コーラスが気になる。

なんかこっちに浸ってると
パフュームが聴けなくなる
[PR]
by POP_ID | 2009-03-17 13:56 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://popid.exblog.jp/tb/11119362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 元素紀行/相対性理論(シフォン... おーフィットネス(4) >>