青葉市子、9.12回顧。
彼女のアートフォームは、ROCKでもPOPSでもなくて。
(どっちかといえばROCKだけど)
あの夜の3組の中で圧倒的に異質だったのはそこで。
他の2つは”一緒に音楽を楽しみましょう”というPOPSの畑で演じ、
彼女はいわば純アートフォーム(たる私的な造語)で土俵に上がっていた。

MOONYさんや吾妻さんや、矢舟さんと姿勢が似るミュージシャンを
僕は支持していますけど、あいにく今回はモードが違った。
アートフォーム鑑賞に参加した自分には、他のバンドは「ハコバン」に聴こえた。

もし僕があの夜に「黒船レディっていうゴキゲンなバンドがいるから聴いてみなよ。」と
友達に誘われていったなら、逆に青葉ステージはトイレタイムになったのかも知れない。
参加姿勢ってそれくらい残酷。
でも僕には分かる。
もしそうだったとしても、
ぜってートイレなんて行ってないはずだ。
(なんだこいつは!?不思議ちゃんチックだけど、偽物じゃないな・・・。これは一体?)
と頭の中の音楽資料を全回転させて解析を試みるだろう。
そして・・・負けるのだ。
[PR]
by POP_ID | 2009-09-15 13:56 | '00sあたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://popid.exblog.jp/tb/12350368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ビートルズリマスター記念ライブ... 青葉市子。歌詞の件。 >>